FC2ブログ

アンドリュー・ロイド・ウェバーの「レクイエム」聴くしかない!

アンドリュー・ロイド・ウェバー(Andrew Lloyd Webber) の Requiem にこのところハマってます。
ウェッバーと言えば『ジーザス・クライスト・スーパースター』や『エビータ』、『キャッツ』、『スターライト・エクスプレス』や『オペラ座の怪人』と言ったミュージカルでのイメージですね。
しかし、このレクイエムはクラシック。サラ・ブライトマンのソプラノに、プラシド・ドミンゴのテノール。なんともこの二人の声の伸びに圧倒されます。その中のPie Jesuはそれなりのヒットとなっているのはご承知の通り。kokotonPAPA的には、このアルバムの中ではそれほど引き立つ曲では無いと思うのですが.......
ウェッバーのレクイエム
ちなみにサラ・ブライトマンは一時期ウェッバーと夫婦関係にあったらしいですね。


テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kokoton

文責と著作権:kokoton
.
    




・2017年12月9日
音楽ブログに特化するためにタイトルを「現代音楽と酒の日々」から変更しました。




カレンダー
01 | 2019/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
ようこそ
カテゴリ
ありがとう