FC2ブログ

マイケル・ハリソン(Michael Harrison) の「Seven Sacred Names」というヒーリングミュージック



マイケル・ハリソン
(Michael Harrison, b. 1958)
ニューヨーク在住の米現代音楽家ですね。ピアニストで作曲家ですが、その影響は学生時代から師事したドローンw/ミニマルでヒンドゥ音楽や次数の高い倍音知られるラ・モンテ・ヤング(La Monte Young)にありそうです。

インド音楽に精通しいて、独自のハーモニックピアノ(Harmonic Piano, オクターブ24音を出す)の設計と製作しています。

その音律は調性の2倍、本人は純正律をベースにしているそうですから、平均律の様なオクターブ波長を均等割にしているのではなく高次の倍音構成なのでしょう。L.M.ヤングとの関係性の深さを感じますね。ヤング拘りのカスタムベーゼンドルファーの唯一の調律師でもあり、ピアニストとしてヤングの6時間の"The Well-TunedPiano"の唯一の演奏者でもありますから。



Seven Sacred Names
イスラム神秘主義"Sufism"をベースに…、とありますがよくわかりませんw
楽曲は霊的・瞑想的で、自分の中の隠された真実を覗き見るそうです。まぁ、インド音楽とドローンの様な音、それも純正律の美しさ、ならば何となく想定範囲の気もしますね。

ジャケットとライナーノートにはフィボナッチ数の図形が乗っています。数学的な構成要素もあるのかはわかりませんが、インドのHemachandraが音律研究で発見していますね。

演奏は Roomful of Teeth (vocal ensemble), Ina Filip (vocal), Ashley Bathgate (cello), Tim Fain (violin), Caleb Burhans (violin), Ritvik Yaparpalvi (tabla percussion) そして ピアノはご本人 Michael Harrison です。








Seven Sacred Names (2021?)
  1. Kalim: Prologue - 2. Hayy: Revealing the Tones - 3. Alim: Polyphonic Raga Malkauns - 4. Qadr: Etude in Raga Bhimpalasi - 5. Mureed - 6. Sami: The Acoustic Constellation - 7. Basir - 8. Kalim: Epilogue

スローのゆるい反復の1. 純正律pfソロの美しい響きの2. インド系エレクトロニカ風の3. pfとperc.のリズム感の4. 冷たく優しい高音域のpfとvnの5. 倍音を生かした美しいvoiceの6. 透明感あるロングトーンの7. 優しさのpfとvcの8.
いずれもスローで美しい旋律の反復で確かにミニマルw/ドローン的ですね。能力と感性不足でそれ以上の事がコメントできないのが残念です。


 ★試しにYouTubeで観てみる?
  2021-6/30のイベントの模様でハリソンの話も聞けます
  CDよりも少しだけ抑揚を感じますね



純正律pfらしい美しい音の響き、そして緩やかな旋律反復、倍音を生かした音色、そこに聴けるのは癒しそのもののヒーリング&アンビエントです。バックグラウンドの理論がどうであれ、聴くと言うよりもかけておくお洒落BGMですね。

"Bang On a Can"のCantaloupeレーベルからのリリースで期待したのですが、個人的な嗜好方向ではありませんでした。




テーマ : 音楽のある生活
ジャンル : 音楽





コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kokoton

by kokoton
.

    

ようこそ
カテゴリ
ありがとうございます