FC2ブログ

素晴らしい『マーラー 交響曲 第5番』 «ネット配信» クラウス・マケラ/パリ管弦楽団 2021年6月16日



クラウス・マケラ | パリ管弦楽団
(Klaus Mäkelä | Orchestre de Paris)
注目の若手指揮者マケラが主席指揮者になったパリ管。半年前にもマーラーの第9番を映像付きで聴かせてくれましたが、今回はレベルを上げての第5番ですね。もちろん "Philharmonie de Paris LIVE" から映像付きの配信です。

前回よりも方向性が明確化していて、マケラ/パリ管のスタンスが見えて来ましたね。


▶️ Philharmonie de Paris LIVE (2021年12月16日まで公開です)





«ネット配信»
マーラー 交響曲 第5番

:mahler5-KlausMakela-jun2021.jpg
[Live at Philharmonie de Paris, 16 Jun 2021]


第一部
スローで僅かに揺さぶりを入れた葬送行進曲からファンファーレ導入句は適度に抑えて。第一トリオは激しさよりも華やかさ、第二トリオは哀愁の中に美しさがありますね。
第二楽章第一主題は速く切れ味で第一楽章第一トリオをとの差別化を、第二主題も哀愁感を強めて同様の意図を作っています。展開部 "烈→静→明"のコントラストもアゴーギクを上手く使って心地良さがありますね。vc動機の美しい落ち着きが印象的です。鳴りが良く見晴らしのきいた第一部です。

第二部
スケルツォ主題は穏やか軽やか、レントラー主題も緩やかなアゴーギクで優美さを磨いています。第三主題はオブリガートホルンを引っ張る様に静で鳴らして、弦楽奏の優しさとフィットさせていますね。続く変奏パートも静スローを上手く作って、流れの締めとなる展開部でもスローから入って華やかに落ち着いています。再現部は晴れやかにコーダに繋げ、興奮を避けた華やかさです。軽妙洒脱なフレンチのスケルツォ楽章ですね。

第三部
第四楽章主部はスローの静美で透明感があります。中間部は繊細さと切れ味で、濃淡のコントラストが効いたアダージェットです。
第五楽章は軽妙な序奏を第一主題につなげ、第二主題は力感のvcでコントラストを。気持ちよく絡んでコデッタはもちろん優美です。展開部はテンポアップしながら力感を上げる王道、山場は抑えつつも気持ち良く鳴らします。再現部主題はスローに色付けて、山場からコーダは華やかそのもので快感!! 見事なアッチェレランドで駆け抜けます。個性は低いですがスカッと見晴らし良い最終楽章になりましたね。


鳴り止まない拍手、指揮者の起立指示をオケが拒否してオーディエンスのアプローズを譲り足踏みで称賛します。そして拍手はいつの間にか手拍子に。見事なコンサートで見られる風景がありました。



美しさと心地よさのマーラー5です。力感や興奮を避けてクセのないアゴーギクの色付け、王道演奏に上手く+αの個性付けをしています。その代表が第三楽章(第二部)でしょう。

ハーディング時代のパリ管のマーラーとは違い、見晴らし良く聴かせてくれるのは嬉しい限りです。マケラ/パリ管に注目で、来日機会があれば行きたいですね。



テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽





コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kokoton

by kokoton
.

    

カレンダー
06 | 2021/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ようこそ
カテゴリ
ありがとうございます