FC2ブログ

マーク・アンドレ(Mark Andre) の『Riss 1-3』



マーク・アンドレ
(仏記: Marc André, 1964/5/10 -)
仏出身でドイツを拠点に活動する現代音楽家ですね。仏でグリゼーに習い、活動が本格化するのは独に渡りラッヘンマンに師事してからだそうです。と言うわけで名前をドイツ表記にしている訳ですね。ダルムシュタットでも活躍して、現在は教授として指導の役割も果たしています。

宗教曲から始まり電子音楽、クラスターからラッヘンマンの影響かつファーニホウの"新しい複雑性"の衣(難読記譜)まで被り、特殊奏法による微分音から極端な静音、空間音響まで、まさに今の欧エクスペリメンタリズムの塊の様相です。



Riss (2014-17)
(Ingo Metzmacher cond. Ensemble Modern)
女性神学者のマルガレータ・グルーバー(Margareta Gruber)のエッセイ"Der Vorhang zerreißt (The Curtain Rips)"に触発されて作られたアンサンブル曲だそうです。元々ベースにある宗教的な背景が強く作用している様ですが、直接的に楽曲に反映されている事はありませんね。三つのパートの初演は個別でRiss 2-3-1の順に、通しは本CDの顔ぶれで2019年に行われています。

演奏はそのインゴ・メッツマッハー指揮、アンサンブル・モデルン、お馴染みの顔ぶれですね。



 ▶️ 現代音楽の楽しみ方  ▶️ 現代音楽CD(作曲家別)一覧







1. Riss 1
音数が少なく、空間に音が散らばる様な印象で、緊張感が漂っています。もちろん無調ポリフォニーですが音の関係があってホモフォニーとの境界が見え辛いのかもしれません。特殊奏法が現れてノイズ系の様相も見せ、鋭く短い突出音が散出して来るのもパターンの様です。空間音響とノイズの音楽ですね。

 ★試しにYouTubeで聴いてみる?
  M.ピンチャー指揮、アンサンブル・アンテルコンタンポランの演奏です
  LIVE音源で2017なので初演音源でしょう



2. Riss 2
静空間の印象が 1.よりも強いです。等拍リズムが入ったり、特殊奏法の打音もあったりと拍子の意識も感じますね。途中から強音を出すパートもありますが、特徴的なのは無音に近い静音が居たりして、聴く側の環境を要求しそうなパートが気になります。残響音を延々と引っ張って終わるのは何処かにあった様な感じですが、そればかりで全部作ったらもっと面白い?!


3. Riss 3
ここでも楽器のボディを叩く音の等拍リズムを強調してきます。このパターンはブーレーズを思い出してしまい、目新しさはありませんが…
突出音も登場して、2.と1.の中間色の印象でしょうか。



今までの欧エクスペリメンタリズムを詰め込んだ様な違和感のない前衛現代音楽です。無理矢理言えば、"基軸は静の空間音響系ノイズ"になるでしょうか。特殊奏法もラッヘンマンで出尽くしている感じですよね。

いずれ「どこかで聴いた様な…」を逃れる事が出来ないのは事実でしょう。インスタレーションでもあるのならまた違う味わいがあるかもしれませんね。




テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽





コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kokoton

by kokoton
.

    

カレンダー
06 | 2021/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ようこそ
カテゴリ
ありがとうございます