FC2ブログ

現代音楽ヴァイオリン&ピアノDuo集『Phantasy of Spring』フェルドマン | B.A.ツィンマーマン | シェーンベルク | クセナキス



Phantasy of Spring
(Carolin Widmann, vn | Simon Lepper, pf)
カロリン・ヴィトマン(vn)が選んだ20世紀のビッグネーム前衛現代音楽家のヴァイオリン・ソナタ集ですね。いずれ紹介無用の四人でしょう。

1.(1978, フェルドマン)と4.(1979, クセナキス)が前衛停滞が明らかになった1970年代、それに挟まれる2.(1950, B.A.ツィンマーマン)と3.(1949, シェーンベルク)が前衛全盛の1950年前後と言う年代対比が作られています。
面白いのは後者は前衛全盛にもかかわらず新古典主義作品、実験的無調や十二音技法, セリエルが選ばれていない事ですね。

C.ヴィトマンは現代音楽家でcl奏者のイェルク・ヴィトマンの妹ですね。2018年のサントリーホール国際作曲家委嘱シリーズで二人揃って来日したのを思い出します。pf伴奏はサイモン・レッパーです。



 ▶️ 現代音楽の楽しみ方  ▶️ 現代音楽CD(作曲家別)一覧








1. Spring of Chosroes [Morton Feldman]
特殊奏法を交えた(?)反復・変奏、そして音数少ない静音構成はフェルドマンらしさでしょうね。vnとpfは時に対位的でDialogue的、調性を感じる旋律を基本に不協和音に崩します。


2. Sonata fur Violine und Klavier [B. A. Zimmermann]
I. Sonata - II. Fantasia - III. Rondo
初期の新古典主義的作品で、"I. Sonata"は出し入れのコントラストが強い流れです。主旋律(主)と反復(従)のホモフォニー関係が明確で、vnとpfが役割を入れ替えます。途中で舞踏的な民族音楽和声も登場して面白いですね。
"II. Fantasia"は緩徐楽章で、二つの楽器の関係はここでも主従ですが尖った印象を受けます。
"III. Rondo"は刺激の強い流れが帰って来ます。主従関係は崩れず、ツィンマーマンらしい強コントラストを味わえます。

 ★試しにYouTubeで観てみる?
  "I. Sonata"です。演奏はCDの方がレベルが高いですが
  Rachel Koblyakov(vn)、Orlando Bass(pf)です



3. Phantasy, Op.47 [Arnold Schoenberg]
渡米後の晩年の作品 "ヴァイオリンのためのピアノ独奏付き幻想曲" ですね。
一瞬 2.の延長の様な印象ですが、vnとpfの協調性は1.に近い対話の様な形になっています。そしてその流れが2.の様な従が反復のホモフォニーにも変化します。そう言った様相変化がある新古典主義が米でのシェーンベルクでしょう。


4. Dikhthas [Iannis Xenakis]
いきなりpfの左右手ポリフォニカルで激奏(走?)で驚きます。調性基軸ですがvnもpfも鳴らしまくってクセナキスらしさ全開、楽器は二つですが時にポリフォニーにさえ聴こえます。神経質な響も持ち合わせて表情変化も大きく 楽しめますね。



作曲者の個性が明確な素晴らしい四曲と演奏でオススメの一枚です。調性ベースの多様性と新古典主義で安心感?もありますねw

興味深いのは2.3.の新古典主義作品で、B.A.ツィンマーマンは初期でシェーンベルクは晩年。実は二人の作風を代表する年代ではありません。あまり味わえないこの時代の素晴らしさが聴けるのも嬉しいですね。
(ツィンマーマンはコラージュの後期、シェーンベルクは後期ロマン派から十二音技法への渡米前がメイン)




テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽





コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kokoton

by kokoton
.

    

カレンダー
06 | 2021/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ようこそ
カテゴリ
ありがとうございます