FC2ブログ

モレーノ・バリエンテ指揮 / マラガ・フィル の「マーラー 交響曲 第5番」



ホセ・マリア・モレーノ・バリエンテ
José María Moreno Valiente, cond.
(Málaga Philharmonic Orchestra, 2020-6/22-26 rec.)
久しぶりのマーラー第5番のニューリリースはスペインのセットです。若手指揮者バリエンテが2020/21シーズンから首席指揮者を努めるマラガ・フィルハーモニー管弦楽団を振ったマーラー5ですね。




マーラー 交響曲 第5番



第一部
ファンファーレのtpが怪しいw 葬送行進曲は穏やかですが何処か落ち着きません。第一トリオは標準的激しさで、第二トリオの哀愁も特徴は薄いですね。
第二楽章第一・第二主題、共に一楽章のトリオ再現的で、展開部の"烈→暗→明"のコントラストも平凡です。個性は無く演奏も自信なさげな第一部です。

第二部
スケルツォ主題は標準的ですがhrがヒヤヒヤ、レントラーもスローに落としてSTD的です。第三主題のオブリガートhrは一杯一杯、短い展開部やカラフルな再現部もバランスや一体感に大きく欠けます。コーダは荒れ具合が面白いかも?w
標準的スケルツォですが不安定感満載です。録音の問題でしょうが、なぜかhrが遠く聴こえるのも気になります。

第三部
第四楽章は弦楽奏なのに音色や揃いが良くないと言うのは困りものです。主部の途中でスローに落としている意味が不明です。
第五楽章序奏の管楽器は不安定、二つの主題をなんとか音にして提示部を逃げ延び、展開部もボロボロになりながらも山場へたどり着きます。再現部山場からコーダが一番いいかもしれません、やり直しを重ねたのかも…



何とか形にした、そんな感じのマーラー5です。演奏レベルは酷しく、個性を見せる余裕は無さそうです。"表現力"や"一体感"とはかけ離れている感じですね。

ミキシングのバランスやマスタリングのボリューム感にもやや違和感を覚え、作り込んでいる割には全体今ひとつなのか残念です。



■ 『マーラー交響曲 第5番 180CD聴き比べ』に追記済みです


テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽





コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kokoton

by kokoton
.

    

カレンダー
06 | 2021/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ようこそ
カテゴリ
ありがとうございます