FC2ブログ

フレンチのマーラー:アレクサンドル・ブロック/リール国立管弦楽団 の「マーラー 交響曲 第7番 "夜の歌”」


アレクサンドル・ブロック, Alexandre Bloch
(Orchestre National de Lille, 2019 rec.)
フランス人指揮者A.ブロックが2016年から音楽監督を務めるリール国立管を振ったマーラー7ですね。フレンチのマーラーはどうでしょうか。




マーラー 交響曲 第7番



第一楽章
序奏のテノールホルン主題はかなり強い揺さぶりを感じますね。木管の行進曲動機も緩やかですが揺さぶりが強いです。提示部hrとvcの第一主題は雄々しく、第二主題は一転緩やかに感情を表現、コデッタの行進曲は切れ味鋭く とメリハリが強い流れです。展開部は動機や主題を刺激を与えて変奏、tpからの第二主題が光の中に出現、山場からは管楽器を太く鳴らします。再現部は第一主題を派手に鳴らして、コーダはうるさい位の下降音階動機の反復です。アゴーギク&ディナーミクの出し入れの強い第一楽章になっています。

第二楽章
序奏のhrも力感を感じますね。主要主題は行進曲らしくhrとvcの掛け合いも何処か緊張感があり、チェロの第一トリオも濃い色合いで、中間部(第二トリオ)はobの哀愁ですがもう少し細くてもいい様な。揺さぶりで"夜の歌"らしい穏やかさより緊張感の楽章になっています。

第三楽章
主部の動機群は各楽器が陰影強く絡みカオス風です。obの中間部ではvn動機とのコントラスト付けが良いですね。この楽章は陰影の強さが混沌さを上手く表現しました。少々うるさいですがw

第四楽章
主要主題はvnと管楽器が緩やかで穏やかなアゴーギクですが少し音厚が高く、この曲のキーであるギターとマンドリンが少し弱いのが残念です。中間部では穏やかな入りから強い揺さぶりを掛けて来ます。これはいけませんね。

第五楽章
主要主題の金管の派手さはピッタリ、パッセージはキレキレです。パウゼ後の第一エピソード(メリーウィドー)は速めでリズミカルです。第二エピソード(メヌエット)は軽妙から太く、その後は二つのエピソードをディナーミクを効かせて派手に変奏します。コーダは祝祭曲の様な派手さです。



太い鳴りと流れのマーラー7です。アゴーギクと強音側ディナーミクで濃厚でくどさを感じる流れは、個人的なこの曲のイメージとは異なります

フレンチ・セットなのでもっと洒脱な"夜の歌"を期待したのですが、期待は外れましたね。これだと第6番あたりをやったらピッタリかと、そんな感じです。




テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽





コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kokoton

by kokoton
.


    


カレンダー
02 | 2021/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ようこそ
カテゴリ
ありがとうございます