fc2ブログ

クララ・イアノッタ(Clara Iannotta) の「Earthing」生き物の様なノイズ系前衛音楽



クララ・イアノッタ (Clara Iannotta, b. 1983)
イタリアの若手女性現代音楽家でミラノ音楽院で学んだ後、仏IRCAM、米ハーバードでも習っています。ハヤ・チェルノヴィンにも師事している様ですが、近年の若手はチェルノヴィンに習っている人が多い気がします。

楽曲はアルディッティをはじめ、名だたる前衛系アンサンブルに提供されているので楽風の想定が付きますね。活動の拠点はドイツだそうですが、米国での展開も広そうです。


 ▶️ 現代音楽の楽しみ方  ▶️ 現代音楽CD(作曲家別)一覧



Earthing JACK Quartet
弦楽四重奏曲を得意とするイアノッタ、それを米前衛弦楽四重奏団ジャック・クァルテットが演奏すると言うセットです。

"イアノッタは深海に光る微生物の様な壊れやすいイメージを強調する音楽" と言う解説もあるので、面白そうですね。







1. Dead Wasps in the Jam-Jar (iii)
まず入りは静のノイズですね。確かに深海の中に細かな何かが蠢く様な印象です。そしてそこに呻く様な強音が時折出現します。音密度は決して薄い訳ではなく、常にpp音で犇いていますね。
途中にパウゼが入って表情が変わり、音が大きめの唸りや呼吸の様な音色が主体になって来ます。ノイズ系ですが生物的とでも言う感じですね。

 ★試しにYouTubeで観てみる?
  前衛を得意とする伊"mdi ensemble"の演奏です。静音が少し強い感じです
  これを聴くと、エレクトロニクス処理がある様に聴こえますね



2. You Crawl over Seas of Granite
基本的に流れは同じで、空の中に蠢く"Creature Noise"音楽です。微細な生き物から化け物までが浮遊する空間です。タイトルから行けば、聴いている本人が這いずり廻っている訳ですがw


3. A Failed Entertainment
弦の特殊奏法に音色の切れ味が強まっています。それによって生き物感は薄くなって旧来のノイズ系前衛音楽に近い感じですね。リズム感を取り入れたり、激しい出し入れを交えたりと面白さも見せますが、まさにタイトル通り?!


4. Earthing – Dead Wasps (Obituary)
前半二曲の様な "空の中の微ノイズ" を主軸にするサウンドではないですね。残響音や低音背景音も使って、そこに咆哮や呻き唸りを入れる魑魅魍魎的な流れです。生き物(creatre)的な面白さはありますが、1. 2. の方が個性的に感じます。



ノイズ系エクスペリメンタリズム現代音楽ですが、それがまるで生き物"creature"の様なサウンドだと言うのがポイントですね。まさに"Creature Noise"音楽です。

ノイズ系としては面白い方向性なので、楽曲に個性を付けられると更に面白さが一気に増すでしょうね。これからがとても楽しみです。

弦楽四重奏曲として、確かにチェルノヴィン(Chaya Czernowin)の影響を感じますね。




テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽





コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kokoton

by kokoton
.

    

カレンダー
08 | 2022/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ようこそ
カテゴリ
ありがとうございます