FC2ブログ

パク・ヨンミン/プチョン・フィル「マーラー 交響曲 第9番」硬質な響き



パク・ヨンミン Youngmin Park
(Bucheon Philharmonic Orchestra, *2018-19?)
ギーレンに師事し、ラ・フォル・ジュルネ金沢でも来日経験のあるパクが2015年から音楽監督を務めるプチョン・フィルハーモニック・オーケストラ(1988年創設)を振ったマーラー9です。

インプレ済みのマーラー6ではボチボチの印象でしたね。他に1番と2番もリリースしている様です。(手を出す予定はありませんw)

*ライナーノートを見ても録音年月日が見つかりません。本国発売が2019年12月ですから、2018-19年頃とは思いますが。(LIVEです)




マーラー 交響曲 第9番



YoungminPark-mahler9.jpg
(写真です)


第一楽章
第一主題は緩やか穏やか、第二主題はそこに黒雲が湧く様になります。提示部の反復から第三主題は出し入れの強い流れになりますね。展開部第一主題変奏からJ.シュトラウスIIの引用は明るさと余裕に欠ける感じ、その後もディナーミクが強く角の尖った演奏です。演奏は硬い印象が強い第一楽章です

第二楽章
主要主題は生真面目に硬くやや速め、第一トリオも速さでキッチリ、第二トリオも同じ流れですね。頭から尻尾まで統一された流れの第二楽章で、アゴーギクは振られません。

第三楽章
主要主題はキッチリ詰め込まれた感じ、副主題(第一トリオ)も本来の戯けた感じではなく機械的。中間部(第二トリオ)のターン音型はラストの浮遊感を先出しして欲しいのですが、表情は薄く音の押し出しも強いですね。

第四楽章
序奏からキンキンしていますね。弦楽奏の第一主題は厚めの音で暑苦しいかもしれません。fg動機も太いです。第一エピソードも鳴りが強くて表情は弱く、第二エピソード前半は機械的、山場はまさに怒涛です。後半からコーダのターン音型も殊更に繊細さは無く淡々としています。


角張って硬い無機質的なマーラー9です。繊細な哀愁や包み込む様な流れの対極にありますね。

ディナーミク軸足の強いメリハリで、速い遅いはあってもアゴーギクでの表情付けはありません。演奏完成度は高いのでしょうがうるさい感じw。似た演奏が思いつきません。(暑苦しい濃厚な演奏はありますが)

CDケースの爪も凄く硬く、外そうとするCDがそり帰って跳ねます。



▶️ マーラー交響曲第9番 100CD聴き比べ



テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽





コメントの投稿

非公開コメント

ようこそ
カテゴリ
ありがとうございます