FC2ブログ

ピエール・アンリ(Pierre Henry) の「La Dixième Symphonie - Hommage à Beethoven」ベートーヴェン再構築



ピエール・アンリ
(Pierre Henry, 1927/12/9 - 2017/7/5)
フランスの現代音楽家で、N.ブーランジェやO.メシアンに師事しています。年代的にはブーレーズやシュトックハウゼンと同じ前衛先端と同じ'20年代生まれですが、セリエルではなく電子音楽とミュージック・コンクレート方向です。特にミュージック・コンクレート*、ヴァレーズのサイレンが最も知られる処ですが基本は電子処理された音、に関してはP.シェフェールと共に開発者の一人とされていますね。

*1951年にフランス国営放送にGRMCを設立し、ラジオ放送を通して影響力を増したそうです。今は広義ではライヴ・エレクトロニクスを含む電子音楽全般を指す事が多いですね。個人的には楽器以外の音を使う事を指すイメージで、少々違和感がありますが。


 ▶️ 現代音楽の楽しみ方  ▶️ 現代音楽CD(作曲家別)一覧



La Dixième Symphonie - Hommage à Beethoven
タイトル「第10交響曲 - ベートーベンへのオマージュ」の通りベートーヴェンの交響曲の再構築、トランスクリプション、コラージュ、と言った作品ですね。

オリジナルは1979年に12楽章のテープ作品として完成、1988年にはエレクトロニクス&アコースティクver.が出て、1998年にはそのリミックスver.の"Remixe Sa Dixieme Symphonie"(10楽章)がCD化されていますね。

今回は楽章を減らしてエレクトロニクスを排除、8楽章のアコースティック(生楽器)ver.として録音・リリースされました。P.アンリらしさが減っている様な懸念を感じなくもありませんが…

演奏パターンも凝っていて、三群のオケと合唱団を配置して指揮者も三人(パスカル・ロフェ、ブルーノ・マントヴァーニ、マルゼーナ・ディアクン)と言う、前衛最盛期に見られた構成ですね。演奏はフランス放送フィルハーモニー管弦楽団, パリ音楽院管弦楽団、最終楽章に僅かですが声楽(Benoît Rameau, tenor)があるので、パリ青年合唱団, フランス放送合唱団, が入ります。







I. Allegro con brio - II. Scherzo - III. Allegro molto - IV. Andante - V. Rondo - VI. Presto - VII. Comme une fantaisie - VIII. Finale
クラシックの交響曲らしい速度表記名の楽章が並びますね。その通りに構成はされています。ベートーヴェンの動機を繋ぎ合わせ、変奏して、再構築した、ただの古典交響曲風です。詳細インプレ不要でしょう。

II. Scherzo, やV. Rondo のコラージュ・ポリフォニーで少しリズムが錯綜する様な微々たる面白さか、ベートーヴェンの再構築を楽しめる方には聴く価値を見出せるかもしれません。

三部のポリフォニーに貢献するくらいしか三群の配置の面白さも伝わりませんし、エレクトロニクスを排除した事で一気に前衛的面白さも排除されてしまいましたね。もしかしたらB.A.ツィンマーマンの様な壮大なコラージュが楽しめるかと思いましたが、楽しみが見い出せない残念な一枚でした



ベートーヴェンの動機コラージュによるポリフォニーですが、前衛性は極低いです

ベートーヴェン好きの前衛ファンなら、新しい耳触りで楽しめるかもしれません。でも、真面目なベートーヴェン好きの方が聴いたら怒っちゃうかも…w



蛇足ですが、一つ前のエレクトロニクスも入ったver. "Remixe Sa Dixieme Symphonie" は前衛色が濃いので面白いですよ。

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽





コメントの投稿

非公開コメント

ようこそ
カテゴリ
ありがとうございます