FC2ブログ

『マーラー 交響曲 第6番』 «ネット配信» ユッカ=ペッカ・サラステ指揮/パリ管弦楽団 2020年4月3日

過去の来日公演でもCDでもマーラーは期待外れだったパリ管。一方サラステは2019年まで首席指揮者を務めたケルンWDR交響楽団とは素晴らしいマーラー5, 9番のCDを残しています。6番もネット配信で見事な演奏を聴かせてくれました。さて結果は?!


ユッカ=ペッカ・サラステ | パリ管弦楽団
(Jukka-Pekka Saraste | Orchestre de Paris)
サラステが今年covid-19の中、パリ管に客演したマーラー6ですね。
クラシックとジャズに強いフランスの国立公共ラジオ局 "france musique radio" ウェブサイトからの配信です。



▶️ france musique radio (公開期限は短いと思われますのでお早めに)






«ネット配信»
マーラー 交響曲 第6番

mahler6_Sarraste2020.jpg

[Live at Philharmonie à Paris, 3 Apr. 2020]


第一楽章
第一主題は速めで重厚さは避けていますね。木管コラールのパッセージも割とスルッと流してアルマの主題も流れに沿った美しさです。濃厚さを嫌った提示部でしょう。展開部も第一主題をシャープに、第二主題で鎮めて挿入部の牧歌調の流れを強調します。チェレスタやソロ楽器が強調されている感じですね。再現部は標準的に両主題を再現します。音のまとまりに弱い感じもありますが、速めでシャープな第一楽章です

第二楽章
スケルツォです。主要主題は第一楽章パロディの流れで、速めでシャープです。トリオはスロー&シンプルですが、若干速めで変拍子を強調している感じですね。木管動機もあっさりとして哀愁感は低いです。

第三楽章
アンダンテ主要主題も速め、演奏に優美さが薄くギクシャク感じます。第一トリオobの哀愁も演奏の揃いが良くない感じで、hrも音が良くありません。中間部も一体感に欠ける流れです。大切に演奏しているのか疑問が湧く様な演奏です

第四楽章
序奏は陰影は薄めですが個々の音が冴えませんね。アレグロ・エネルジコから提示部第一主題は切れ味ある行進曲となって演奏の揃いも初めて気持ちの良さを感じます。hrのパッセージも上手く絡めますが、テンポは標準的になって締まりが弱いかも。第二主題は軽快ですが、まとまりに少し欠けるかもしれません。展開部チェロ動機も強調は程々にHrが怪しい音を出しますが、荒れ気味の演奏が行進曲では生きているのが皮肉ですね。再現部も序奏から第二主題は演奏が落ち着きませんが、騎行でまたもや元気を取り戻します。この楽章だけ荒れたオケの面白さが感じられたかもしれません


速めで一体感に欠けるマーラー6です。方向性は、重厚さを避けた切れ味勝負と言った処でしょうか。

問題は、流れに"間"が無く少々忙しないのと、パリ管の音が荒く揃いが良くない事でしょう。殺伐とした音で、パリ管はご機嫌斜めの様ですw 最終楽章だけは、それが生きて楽しめましたが。



テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽





コメントの投稿

非公開コメント

ようこそ
カテゴリ
ありがとうございます