FC2ブログ

ベルンハルト・ラング(Bernhard Lang) の「Die Sterne des Hungers, Monadologie VII」


ベルンハルト・ラング (Bernhard Lang, b.1957)
このブログではお馴染みのオーストリアの現代音楽家ですね。作風は徹底した反復による多様性現代音楽になりますね。かつては否定された音楽手法ですが、今の時代ならではになっているのがポスト・セリエルからの現代音楽の流れを感じさせてくれます。過去ログに紹介済みなので、このくらいで。



Die Sterne des Hungers, Monadologie VII
一曲目は、オーストリアの詩人クリスティーネ・ラヴァント(Christine Lavant)の3つの詩をベースにしています。その詩をソフト"Abulafia"を使って断片化して使っているそうです。この作品はラングの二つの活動の一つ"D/W"(Differenz / Wiederholung)の過程で生まれたとの事ですね。(もう一つの活動は次のMonadologieです)
残念なのはライナーノートに歌詞がない事です。

ラングが進める中心的な活動"モナドロジー(Monadologie)"シリーズは既存作品の再構築になっていますね。最近では Monadologie XXXIII がワーグナーのパルジファルを基にした「ParZeFool」としてリリースされたのが思い出されます。本作VIIは2009年と少々古くなりますが シェーンベルクの"室内交響曲 第2番"(1906-1940)を基にして、長期に渡る中断と楽風の変化プロセスを背景としているそうです。キーは"行き詰まり"? (よくわかりませんがw)
オーストリアの映画製作者マーティンアーノルド(Martin Arnold)に献呈されていますね。

演奏はお馴染みS.カンブルラン指揮、クラングフォルム・ウィーン、一曲目にザビーネ・ルッツェンベルガー(mez, Sabine Lutzenberger)が入ります。







1. Die Sterne de Hungers (2007)
  nach Texten von Christine Lavant
「飢餓の星」全7パートのヴォーカル入り室内楽です。入りから主動機の反復・変奏になっていますね。無調ですが、不協和音のキツイ機能和声音楽と言った感じでしょうか。その音の外れ方はいかにも欧エクスペリメンタリズム的ですね。表情変化はテンポの変化になります。part Iの器楽曲にある反復が強いアップテンポでは陶酔的な流れを感じ、楽器が増えると擬似的?ポリフォニーに聴こえます。そこは面白かったのですが、反面 歌曲には速い流れのパートが存在せず緩く長〜く感じてしまいますね。

part IIからMezが入りますが、ほとんどヴォーカリーズです。音的にも音量的にも楽器の一つの様な扱いになってて、跳躍の大きい声楽は古さを感じてしまいます。
変化に乏しく似たり寄ったりの印象と、voiceが室内楽に溶け込んで、声楽現代音楽の楽しさが感じられないのが残念です。


2. Monadologie VII ...for Arnold (2009)
「モナドロジー7」は5パートの室内楽です。徹底反復ですが、不安定な印象を濃くしていますね。混沌を濃くしているかもしれません。この曲は変化があるので楽しめますが、それでも基本に流れるパターンが全パートで似通っていて今ひとつワクワク感に欠ける気がします。

 ★試しにYouTubeで聴いてみる?



今回は特殊奏法でもノイズでも空間音響でもない、不協和音反復の単純性がネガティブに感じてしまいました。それでもまた"Monadologie VII"の方が変化があって楽しめましたね。

面白のは同じ反復でもミニマルやポスト・ミニマルの印象が起きない事でしょうね、個人的に。



 ▶️ 現代音楽の楽しみ方  ▶️ 現代音楽CD(作曲家別)一覧


テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽





コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kokoton

by kokoton
.

    

カレンダー
06 | 2021/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ようこそ
カテゴリ
ありがとうございます