fc2ブログ

"いいとこ取り"の『マーラー 交響曲 第9番』 «ネット配信» エサ=ペッカ・サロネン指揮/シカゴ交響楽団 2018年5月


エサ=ペッカ・サロネン | シカゴ交響楽団
(Esa-Pekka Salonen | Chicago Symphony Orchestra)
8月13日までcovid-19の影響で活動休止中のCSOですが、E.P.サロネンが一昨年CSOを振ったマーラー9がネットで登場しましたね。

冷静な流れを作るサロネンとパワープレイのCSOという興味深いセットです。シカゴ響オフィシャルの"CSO Radio"から配信です。



▶️ CSO Radio (2021年の11月まで配信予定の様ですね)






«ネット配信»
マーラー 交響曲 第9番

EPSalonen-CSO-2018.jpg
[Live may 2018]


第一楽章
第一主題は抑えが効いた澄んだ流れに、第二主題も自然な流れからタメを作って山場を心地よく鳴らします。展開部前半は落着いた序奏から、第一主題回帰とワルツ引用を明るく、そして山場と見事な流れですね。中盤も陰鬱な第二主題変奏から上げて、第三主題回帰から大きな鳴りと共に後半のパッセージ葬送へと流れ込みます。心地良い見事な流れになっていますね。

第二楽章
主要主題は二つの動機をややスローに、鳴りを良く絡めます。第一トリオでは軽快さを見せるリズム感でチェンジして、心地良い流れです。第二トリオも極端な色付けはしませんね。

第三楽章
主要主題は穏やかな中に表情豊かなブルレスケ、第一トリオでも上手いリズム付けです。中間部(第二トリオ)ではスローに静、最終楽章をイメージさせる上手さになっています。ラストはいっきにテンポアップしシャープなストレット、爽快な楽章になりました

第四楽章
主部は包み込む様な優しく情感のある流れです。fg動機からは色濃くしていますね。第一エピソードは速めの流れで入って来るのが気になりますが、山場は違和感の無い流れになって、その後はスロー化します。計算されていますね。第二エピソードの入りがハープの音に聴え無いのですが… ここでも速めの流れから山場はCSOらしさ全開で大きく怒涛に奏でます。後半からコーダのターン音型は約束通りに鎮めて浮遊感の中で消え入ります。


冷静沈着な流れに、鳴りの良さが伴った心地良いマーラー9です。クールなE-P.サロネンと、パワープレイのCSOの'いいとこ取り'になりましたね。

キャラの異なるイメージ、個人的にです、のセットは失敗の可能性が大きい気がしますが、こういう事もある訳ですね。主席客演指揮者というのはどうでしょう。



テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽





コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kokoton

by kokoton
.

    

カレンダー
08 | 2022/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ようこそ
カテゴリ
ありがとうございます