FC2ブログ

エリッキ=スヴェン・トゥール(Erkki-Sven Tüür) の『Mythos』エストニア現代音楽


エリッキ=スヴェン・トゥール (Erkki-Sven Tüür, b.1959)
エリッキ=スヴェン・トゥールはエストニアの現代音楽家でタリン音楽院で習い、レポ・スメラにも師事しています。技法的にはミニマル・音響解析・等を使っているそうです。興味深いのは同時期にロック・グループ"In Spe"での活動がある事で、そこがポイントになり楽風にも影響を与えていれば面白そうですね。(以上、前回インプレ時と同文になります)



Mythos Paavo Järvi | Estonian Festival Orchestra
同じエストニアの指揮者パーヴォ・ヤルヴィに献呈された、神話や伝承を意味する"ミトス"をタイトルとする交響曲第9番をメインにしたアルバムですね。演奏はもちろんパーヴォ指揮で、エストニア祝祭管弦楽団になります。

P.ヤルヴィは、N響の首席指揮者(2015-)になる以前は好きな指揮者の一人だったのですが、近年はコンサートも行っていませんねぇ。ヤルヴィ家の三人の指揮者はそれぞれタイプが異なって面白いですね。個人的には弟のクリスチャン・ヤルヴィが好きです。







1. Symphony No. 9 "Mythos" (2018)
第一印象はドローン、アンビエント、エレクトリカ、的な空間音響系ですね。蠢く弦音が支配して管楽器ロングトーンの絡み合いが低く垂れ込めます。音色は澄んだ高音のパートや煌めくパートもあり、気配が繊細になったりもします。後半はポスト・ミニマル的ポリフォニーで、強い変奏・反復になりますが、それでもドミナントは空間の音です。ホールで聴いたら面白そうですね。


2. Incantation of Tempest (2015)
4'強の短い曲です。ここでも反復と低音の響きでポスト・ミニマルの楽曲になっています。音飽和的に鳴りが渦巻くのと、陶酔的な小刻みなリズムが印象的ですね。空間音響+ポスト・ミニマルです。

 ★試しにYouTubeで観てみる?
  2016年エストニアのPärnu Music Festivalからです



3. Sow the Wind... (2015)
サチュラシオンの傾向もあるのでしょうか、ここでも音の密度の濃さが印象的ですね。唸る低音をバックに、vnのソロパートが出現したりと異なる流れも加わります。もちろん"空間音響+ポスト・ミニマル"が基本です。



基本的には調性音楽ですね。そして明確なのは音密度の高い"空間音響+ポスト・ミニマル"の流れでしょう。コンサート受けしそうな今の時代のクラシック音楽ですね。

欧エクスペリメンタリズムとは方向性が異なるでしょう。エレクトリカを感じるのはトゥールのバックボーンがあるからでしょうか?!



 ▶️ 現代音楽の楽しみ方  ▶️ 現代音楽CD(作曲家別)一覧


テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽





コメントの投稿

非公開コメント

ようこそ
カテゴリ
ありがとうございます