FC2ブログ

『マーラー 交響曲 第5番』 «ネット配信» ヤープ・ヴァン・ズヴェーデン指揮 / ニューヨーク・フィル 2017年9月19日

新型コロナウィルスの影響を大きく受けて生命最優先のニューヨーク。
そんな中ですが、ニューヨーク・フィル公式ウェブサイトでは2017–18シーズン開幕で FACEBOOK LIVE として放映されていた映像が配信されています。


Conductor | Orchestra
ヤープ・ヴァン・ズヴェーデン (Jaap van Zweden)
New York Philharmonic
2017-18シーズンからN.Y.P.の音楽監督を務めるズヴェーデンの就任にあたってのコンサートですね。この日はエンパイア・ステートビルのスペシャル・コンサートで、続く22, 23, 両日もホームのDavid Geffen Hallで同曲を演奏しています。
ニューヨーク・フィル公式サイトの"Watch & Listen"から映像付き配信です。


➡︎ NYP Watch & Listen (配信期間は短いと思われます、お早めに)





マーラー 交響曲 第5番 «ネット配信»
(Live at Philharmonic Red, 19 sep. 2017)

JaapVanZweden-NYP-Mahler5.jpg


第一部
派手やかなファンファーレから葬送行進曲は美しさを感じさせる流れです。第一トリオは軽快感を付けて、tpの鳴りの良さも良いですね。第二トリオの哀愁は適度でコントロールが効いています。第二楽章第一主題は切れ味よく興奮を避けて速めに、第二主題(一楽章第二トリオ)は回帰的な色合いです。展開部でも同様にコントラスト付けは冷静に感じますね。録音の関係か、第二主題でのティンパニのトリルが強い気がししました。再現部山場もコントロールされて、まとまりと見晴らしの良さの第一部です。

第二部
スケルツォ主題は緩やか優美ですが、オブリガート・ホルンが今ひとつなのが残念です。(その後は大丈夫ですが、最終楽章序奏でまたコケますw) チェンジテンポのレントラー主題は美しさを感じますね。長い第三主題では落とし過ぎずに維持してスマートに、短い展開部はその延長線上にありますね。再現部はこの楽章の縮小版となって主題を並べ、コーダは切れ上がって見事に響かせます。

第三部
第四楽章主要主題は暖色系で夕暮れの景色の様に、中間部では微妙なアゴーギクを使っています。少し濃い味付けのアダージェットですね。最終楽章の第一主題と第二主題の絡みはテンポは速めで小気味良く、コデッタ主題では大きく広げます。展開部ではその流れに乗って華々しい山場を作り、再現部で落ち着かせると山場からコーダは壮大、ラストはビシッと決めました。もちろんここでもズヴェーデンは東京公演と同様 万歳フィニッシュですw
ブラボーの嵐と拍手喝采!!


落ち着いてまとまりのある、心地良いマーラー5です。突出した素晴らしさはないかもしれませんが、この一体感は一聴の価値ありではないでしょうか。

人種の坩堝的なメンバー構成もNYPらしさがあって素晴らしいですね。



テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽





コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kokoton

by kokoton
.

    

ようこそ
カテゴリ
ありがとうございます