FC2ブログ

北欧の前衛音楽を楽しめる強力な一枚、グンラウグ・ソルヴァルドスドッティル(Gunnlaug Thorvaldsdottir) の『サバイバル・マシーン』


グンラウグ・ソルヴァルドスドッティル
(Gunnlaug Thorvaldsdottir, 1976/04/23 - )
レイキャビク生まれのアイスランドの声楽家・パフォーマー、現代音楽家ですね。子供の頃から特殊な発声をしていたそうで、それをベースにしてラジオやTVでパフォーマンスを披露していたそうです。
イタリアではマルチメディア劇場での活躍や、現代音楽家ジャチント・シェルシと交流のあった声楽家の平山美智子さん、当時すでに87歳、にベルカント唱法を習っていますね。(平山さんは昨年94歳で亡くなられました)


Survival Machines
彼女のファースト・アルバムですね。後にパフォーマンスとしてパリで初演されています。
従ってパフォーマーである声楽は本人で、バックに室内楽??が入りますね。






Survival Machines
I. Evolution - II. System Running - III. Error - IV. Erosion - V. Eruption - VI. Collapse - VII. Radars - VIII. Replicators

つなぎ目の無い8パートの楽曲です。"In The Beginning"から始まる呟き、スクリームの様な叫声、そして"Survival Machines"。サウンドはロックあり、インド風和声あり、ノイズあり、エレクトロニクスあり、カオスあり、引用あり、特殊奏法あり、無調旋律弦楽音あり、微分音あり、調性の美しい曲あり、なんでもありの全部ありです。

そのサウンドの中に声、声楽を越えた声音、そのバリエーションが響き渡ります。声にもエフェクトがかかっているかもしれません。まるで玉手箱を開けたみたいですね。

 ★試しにYouTubeで聴いてみる?

これはライヴ・パフォーマンスで観てみたいですね!!



単なる現代音楽の枠ではありません、強烈な前衛音楽で超オススメの一枚になります。

所謂欧州前衛現代音楽とは一線を画していて、北欧系の前衛音楽は新しい世界を楽しめますね。



▶️ 現代音楽CD(作曲家別)一覧
▶️ 北欧現代音楽CD(作曲家別)一覧

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽





コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kokoton

by kokoton
.
    




・2017年12月9日
音楽ブログに特化するためにタイトルを「現代音楽と酒の日々」から変更しました。




カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ようこそ
カテゴリ
ありがとう