FC2ブログ

『マーラー 交響曲 第5番』 «ネット配信» アルペシュ・チャウハン指揮 / BBCスコティッシュ響 2019年9月26日


アルペシュ・チャウハン, Alpesh Chauhan
(BBCスコティッシュ交響楽団, BBC Scottish Symphony Orchestra)
バーミンガム生まれ29歳(b.1990)の若手指揮者で、2017年からアルトゥーロ・トスカニーニ・フィルハーモニー管弦楽団(Filarmonica Arturo Toscanini)の首席指揮者に就任したそうです。今回はBBC-SSOを振ったマーラー5ですね。お馴染み "BBC Radio 3" ウェブサイトからの配信です。

▶️ こちら (2019-10/24まで配信されますね)




マーラー 交響曲 第5番 «ネット配信»
(26 Sep. 2019 at Grand Hall)

26Sep2019AlpeshChauhan_BBCSSO-mahler5.jpg


第一部
tpのファンファーレに揺らぎを入れてますね。葬送行進曲は特に個性はありません。第一トリオでも適度なテンポアップと激しさです。何か楽器にフライングがありましたが。第二トリオも教科書的な流れを堅持しますね。第二楽章第一主題は激しさを速めに上手く建てて、第二主題の哀愁に繋げています。展開部もきっちりとした流れからvcの暗い音色を生かし、再現部の山場をまとまり良く作りますね。多少のアゴーギクはありますがクセの少ない第一部です。

第二部
スケルツォ主題はやや速めでシャキッと、弦楽奏のレントラー主題は少し揺さぶりを入れています。第三主題のhrは堂々と鳴らして、弦のピチカートはスローに落とします。その後の流れも力が入った印象で、この楽章特有の優美さが欠けるのが少し残念でしょうか。

第三部
第四楽章主要主題は暖色系の甘美さです。トリオの入りでは澄んだ音色を聴かせてくれますが総じて濃厚なアダージェットです。第五楽章第一・第二主題の絡みは程良いテンポ設定で安定しています。コデッタも大きく奏でていますね。展開部も優美さとパワーの流れ良く組立てて山場を作り、再現部も締まりの良い流れからラストを忠実に盛上げてくれます。フィニッシュのアッチェレランドはビシッと走ります。嬉しい最終楽章ですね。大喝采です。


安定感のあるクセの少ないマーラー5です。演奏のバランスも悪くありません。ただ、若手指揮者に期待した+αはありませんね。多少のアゴーギクがあり処々走りますが、そのくらいですね。

特筆はないのですがコンサートで実際に出会ったら嬉しい演奏、そんな感じです。



CDではないので「マーラー第5番聴き比べ:175CD」にはアップしません。

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽





コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kokoton

by kokoton
.
    




・2017年12月9日
音楽ブログに特化するためにタイトルを「現代音楽と酒の日々」から変更しました。




カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ようこそ
カテゴリ
ありがとう