FC2ブログ

軽音楽か洒落たBGMかの様な、ヴィヴィ・ヴァシレヴァ(Vivi Vassileva) の パーカッションアルバム『SINGIN' RHYTHM』


Vivi Vassileva | SINGIN' RHYTHM
ヴィヴィ・ヴァシレヴァ(1994-)はライナーノートによればドイツ生まれ、母はピアニストで父と兄妹はヴァイオリニスト 自らもヴァイオリンからパーカッションに移行したそうです。パーカッションと言ってもマリンバの様な鍵盤打楽器になるのは、メロディーを演じたいという本人の希望があるからの様ですね。

"SINGIN' RHYTHM"は、7人の音楽家の打楽器作品を集めたアルバムです。演奏は自ら若手で編成した "Vivi Vassileva Quartet" (pf, wb, perc.x2, 本人)に、ゲストの若手ブラジル人ギタリスト, ルカス・カンパラ・ディニス(Lucas Campara Diniz)が入っていますが、ソロやでデュオ曲も多いですね。

新しい気配・流れを感じる レーベル/ジャケ買いの一枚ですが…







期待したアルファ・レーベルらしい20代若手新進気鋭の斬新な音楽ではありません。もちろん前衛でもなければクラシックでもジャズでもアンビエントでもありませんね。(後日記:曲別インプレは削除しました)

軽音楽・BGMが好きな方向きでしょうか。ビシッと女性パーカッショニストで現代音楽をという方には「エヴェリン・グレニー / Veni, Veni Emmanuel」がオススメですね。



テーマ : 音楽のある生活
ジャンル : 音楽





コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kokoton

by kokoton
.
    




・2017年12月9日
音楽ブログに特化するためにタイトルを「現代音楽と酒の日々」から変更しました。




カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ようこそ
カテゴリ
ありがとう