[#16] シュトックハウゼンの「ヘリコプター弦楽四重奏」で笑え

カールハインツ・シュトックハウゼン(Karlheinz Stockhausen)と言うと、9.11米国同時テロ事件を「偉大な芸術作品」と発言した事で、問題視されたりしましたねぇ。(真意は違ったのですが)

「ヘリコプター弦楽四重奏曲」これは彼の作品としてはとても理解し易い?曲の一つでしょう。kontakteの方がわかり易いと言う人は少ないかと、多分。
この曲も面倒な事を言えば"光(LICHT)"を構成する"水曜日"の一曲なのですが、そんな事関係ないですよね。いつか、そんな事も書いてみようかな…なんて思うけどw
ヘリコプター弦楽四重奏-シュトッックハウゼン
弦楽四重奏者4人、ヘリ4機(もちろんパイロット)、飛びながらその演奏(音と映像)をコンサートホールに中継すると言う。これがまた実演されていると言うから驚きなのだ。
演奏はアルディッティ弦楽四重奏団。ただ、このアルバムはヘリの代わりに個別の部屋で演奏しながらヘリの音を入れたらしい。実際にヘリに乗って弾いたモノも有ると言うので是非欲しいのだが。

30分強の曲なのだが、ヘリコプターのローターの回転音に合わせて殆どはグリッサンド・トレモロで弾かれる。バタバタバタ・キュロキュロキュロ.......なのだ。そして時折「アイン.....ツヴァイン.....ドライ......フィーア.......フュンフ」とドイツ語でカウントする。ず~っと同じなのだが、最後はちゃんと着地して終わる。
途中で2~3回は必ず笑っちゃうのだ。


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kokotonPAPA

Author:kokotonPAPA
.
    




・2017年12月9日
音楽ブログに特化するためにタイトルを「現代音楽と酒の日々」から変更しました。

ご案内
カテゴリ
kokotonPAPAカウンター
unique-access