FC2ブログ

新国立劇場公演2019年 西村朗 歌劇「紫苑物語」をNHKプレミアムシアターで観る


先月世界初演したばかりの西村朗さんの現代音楽オペラ「紫苑物語」ですね。早くもNHKプレミアムシアター登場で驚きです。


(オフィシャル・サイトよりゲネプロ映像です)


【超あらすじ】
平安時代。歌の名家に生まれた国司の宗頼は歌を捨て弓道の奥義を求め、第一の矢[知の矢]と第二の矢[殺の矢]を会得します。宗頼は人を射り、娶ったうつろ姫は宗頼の家来と通じる、欲望野望が渦巻く世界です。一方、山中では宗頼の対極の世界で仏師・平太が岩に仏を掘っています。
宗頼は狐の妖術を得て第三の矢[魔の矢]を手中にし、平太の仏の顔に三つの矢を放ちます。その時岩山が崩れ炎に包まれて、宗頼の世界は終わりを告げます。



演出
笈田ヨシさんの演出は動きが大きく、表現も明確で観る者に想像の余地を残しませんね。エロティックや血塗られたシーンは今の時代らしくそう言った表現になっています。残念ながら、個人的にはですが、前衛性は低いです。
二つ(宗頼と平太)の世界が"魔の矢"で滅びる最後はこの流れでは唐突ですね。それが原作の本質なのですが…

舞台・衣装
舞台は豪華絢爛的、衣装は和的で現代風。映像や大鏡を使い、ライティングも色彩を生かしながら暗い背景に浮かぶ様な使い方でした。いずれもマッチしていて素晴らしいですね。

配役
先ずは女性陣。うつろ姫の清水さんが素晴らしかったですね。役のグロテスクさを歌唱・演技・表情共に見事に惹きつけてくれました。千草の臼木さんは狐の霊ですから設定的にもっと幽玄さが欲しい気がしましたが、コロラトゥーラご苦労様でした。(コロラトゥーラはうつろ姫の方が合っていた様なw)
男性陣では、宗頼の髙田さんですが表情も歌いも最後まで肩肘張った感じでしたね。野望を持って策略を巡らせる藤内(村上さん)は、海外オペラの様な憎々しさの設定自体が弱かったです。

音楽
楽曲は無調現代音楽ですが、反復や旋律を残して流れに則した楽風でメリハリが強いです。そして山場シーンで使われる重唱が多用されて、歌いも全体が濃いですね。歌い方も一部で無調旋律よりもシュプレッヒゲザングを感じたのは日本語だったからでしょうか。
新国立劇場の芸術監督を務める大野さんが作品作りにも大きく参画しているので、演奏も濃厚な色合いを強調しています。


日本の現代音楽オペラというと、"熱唱アリアはない"・"多重唱はない"・"抑揚はない"といった流れで心理描写を描く事が多く、それが日本的素晴らしさを作り出していた気がします。
しかし、ここでは全てに肩の力が入っています。曲・演技・歌唱・歌詞、みんな派手で陳列説明的、表現重視で悲しみや憎しみ ハラハラ・ドキドキといった情感に薄く思えました。舞台・衣装、そしてうつろ姫の清水さんが派手さを上手く楽しませてくれたのは何よりでした。

個人的にはより前衛で幽玄深遠な作品を期待していましたが、新しい試みには拍手ですね。

気になったのはNHKが準備した舞台裏です。作品は出来上がったものが全てで、制作サイドの御大方の思い入れは遠慮したいものです。どんな作品もそれを見せられると恐縮してしまいます。


<原作> 石川 淳
<台本> 佐々木 幹郎
<演出> 笈田 ヨシ
<美術> トム・シェンク
<衣装> リチャード・ハドソン
<照明> ルッツ・デッペ
<振付> 前田 清実

<出演>
 ・宗頼:髙田 智宏
 ・平太:松平 敬
 ・うつろ姫:清水 華澄
 ・千草:臼木 あい
 ・藤内:村上 敏明
 ・弓麻呂:河野 克典
 ・父:小山 陽二郎

<合唱> 新国立劇場合唱団
<合唱指揮> 三澤 洋史
<管弦楽> 東京都交響楽団
<指揮> 大野 和士


収録:2019年2月20日 新国立劇場 オペラパレス

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽





コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kokoton

by kokoton
.

    

ようこそ
カテゴリ
ありがとうございます