FC2ブログ

オイスタイン・ボーズヴィーク(Øystein Baadsvik) の plays Tuba Concertos by Baadsvik・Ness・Lindberg を聴く


Øystein Baadsvik plays Tuba Concertos by Baadsvik・Ness・Lindberg
ノルウェーのチューバ奏者オイスタイン・ボーズヴィーク(Oystein Baadsvik, ボーツヴィックとも)をフィーチャーした北欧系のチューバ協奏曲集です。以前「Prelude, Fnugg & Riffs」をインプレしていますが、少々消化不良気味だったと記憶しています。(本人の楽曲のみ面白かったですが)
今回はどうでしょうか。

 ▶️ 北欧現代音楽CD(作曲家別)一覧

オケはクリスティアン・リンドベルイ指揮、ノルウェー・アークティック・フィルハーモニー管弦楽団(Arctic Philharmonic Orchestra)になります。







オイスタイン・ボーズヴィーク
(Øystein Baadsvik, 1966/8/14 - )
ノルウェーのチューバ・ソリストとして知られていますが、作曲者としては殆ど話が出てきません。所有の中でも自分の演奏アルバムの中に書いている程度です。

チューバ協奏曲 (2012年)
 前回紹介の本人作曲の代表曲"Fnugg Blue"は面白く、そのチューバ奏法 "Lip Beat" は知られるところですが、今回はそういった楽しみにはなりませんでしたね。
 パッと聴くと印象はマニエリスム的な調性の音楽です。メリハリがはっきりとして動機(主題?)も明確に楽器間で共有されています。特殊奏法や無調の様な前衛性はなく、チューバもヴィルトゥオーゾ的超絶技巧を見せるわけでもなく、全体平凡な演奏に感じてしまいます。あえて言えば第三楽章にジャズ的なモードを取り入れているくらいでしょうか、冒険的ではありませんが。チューバのコンチェルトは珍しいですから、コンサートなら受けるかもしれませんね。




ヨン・オイヴィン・ ネス
(Jon Øivind Ness, 1968/3/30 - )
ノルウェーの現代音楽家でノルウェー国立音楽アカデミーで学び、複調多調から始まり四分音符から微分音の方向を持っていますね。楽曲は米・欧でも取り上げられています。個人的には気になる北欧現代音楽家の一人ですね。

悪魔収穫機, Bogey Thresher (2011年)
 タイトルから刺激的です。暗い印象の根暗な曲で、反復の重低音が続く中にチューバや管楽器の咆哮が入ります。もちろん無調で微分音の奇妙な音色で勝負してきます。得意の"Lip Beat"も入り、表情変化も目まぐるしいですね。構成は調性的展開も含む反復・変奏ベースで、その基本旋律とテンポを変化させます。
特殊奏法ノイズや即興的混沌は無く、流れは存在しますから奇妙な小気味の良さも感じられますね。ポスト・ミニマル的要素も見せ、今の時代の多様性の現代音楽です。




クリスティアン・リンドベルイ
(Christian Lindberg, 1958/2/15 - )
スウェーデンのスーパー・トロンボーニストにして現代音楽家、そして指揮者としても活躍中ですね。このブログではご贔屓の一人で、演奏者も指揮者でも来日公演に行っています。今回は指揮者&現代音楽家として登場ですね。

恋するパンダ, Panda in Love (2007-2010年)
1.Panda Searching for Something He Cannot Find - 2.Lion Cub - 3.Panda in Love - 4.Panda in Protest, Goes to Tiananmen Square - 5.Speech of the Panda - 6.Panda Climbing up the Hill... into a World of Freedom
 6パートの協奏曲で子ライオンも登場するパンダの標題音楽です。そういう構成をイメージして聴くとチューバの活躍が楽しめます。楽風は機能和声寄りなので違和感はないでしょう。ストーリー性が明確にあるのは、リンドベルイ本人がトロンボーンで演奏しても成立する様に作っているからかもしれません。三曲の中ではチューバの演奏テクも聴かせ処を作っていて、遊び心が曲に生きた楽しさを味わえますね。




今回は、ボーズヴィーク本人作品以外が面白いです。(笑)
前衛の多様性ネス、標題音楽の楽しさリンドベルイ、二つが味わえますね。ただ、特にチューバである必要性が薄い感じはしますが。(例えばリンドベルイのトロンボーンの方が…w)

前回のアルバムよりも楽しめます。一度ボーズヴィークの圧倒するチューバ超絶技巧を聴いてみたいものですね。





テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽





コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kokoton

by kokoton
.


    


カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ようこそ
カテゴリ
ありがとうございます