FC2ブログ

ベルリン国立歌劇場 2018公演 ヴェルディの歌劇「マクベス」を NHKプレミアムシアターで観る

シェークスピア原作、ジュゼッペ・ヴェルディ(1813-1901)のオペラ「マクベス, Macbeth」(全4幕) です。豪華配役ですが、ポイントはやっぱり83歳になるハリー・クプファーの演出ですね。前衛でならしたクプファーですが今や時代は進み、驚くほどの事もなくなったでしょうか。


BerlinStateOpera2018-Macbeth.jpg
(写真はオフィシャルサイトよりお借りしました)


「醜い容姿、とげとげしい声」と言われるマクベス夫人役をネトレプコが演じるのは興味深いですし、今や本国イタリアよりドイツの方が公演が多い作品というのも面白いですね。(ドイツ語版もありますが、イタリア語公演でした)


演出

近現代風に置き換え単純化された舞台、そこにプロジェクション・マッピング(PM)をとてもうまく使ったのがクプファーらしさでしょうか。亡くなるべき役が生きていると言ったようなストーリーの弄りはありませんね。今や前衛では基本展開さえ変更しますからねぇ。


舞台・衣装

超シンプルな配置にPMを背景に使った舞台で奥行きとリアルさをうまく演出していますね。衣装は軍服と近現代様相になっています。光と影の黒を際立たせるのも今のお約束でしょう。


配役

まずは紅一点マクベス夫人のネトレプコ、圧倒する声量と延びのあるソプラノを魅せてくれましたね。トゲトゲしい歌いも役柄要求通りです。体型も今やお相撲さんもびっくりw
男性陣はタイトルロールのドミンゴですが、やっぱりテノールに感じますよね。でも通りの良い声は聴かせてくれましたね。また心底の悪者でない気配の演技も流石です。
バンコーのグァンチョルはバス・バリトンの良い声でしたが、容姿と声量が少し足りない様な。マクダフのサルトーリ、マルコムのホフマンとともに主役二人の前には端役の感は否めないですね。


音楽

バレンボイムは、このドン・シャン的な音楽を鳴りよく奏で、演奏が際立つシーンも多々感じました。少し元気がなさそうに見えるのが気になりましたが。


テノールのドミンゴもバリトン役での登場、細くて美貌のネトレプオも今や… クプファーの演出も尖った前衛とは言えず、時代は変わるという事ですね。

とは言え圧倒するネトレプコとドミンゴの二人舞台で、歌唱も演技も楽しませてくれました。公演はドイツですが、二人のアリアの後には盛大な拍手が起こるのはイタリア・オペラですね。

クプファーの演出も今の時代らしさに加えて広がりの大きな舞台作りを味わえました。でも、舞台はスコットランド。第一幕一場の合唱団の女性陣(魔女)に東洋系が多く並ぶのはやっぱり違和感が拭えません。お蝶夫人を白人女性が演じるのと同様に。



<出 演>
 マクベス:プラシド・ドミンゴ [Plácido Domingo]
 マクベス夫人:アンナ・ネトレプコ [Anna Netrebko]
 バンクォー:ヨン・グァンチョル [Kwangchul Youn]
 マクダフ:ファビオ・サルトーリ [Fabio Sartori]
 マルコム:フロリアン・ホフマン [Florian Hoffmann]

<合 唱> ベルリン国立歌劇場合唱団
<管弦楽> ベルリン国立歌劇場管弦楽団
<指 揮> ダニエル・バレンボイム [Daniel Barenboim]
<演 出> ハリー・クプファー [Harry Kupfer]


収録:2018年6月17・21日 ベルリン国立歌劇場(ドイツ)


テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kokoton

by kokoton
.
    




・2017年12月9日
音楽ブログに特化するためにタイトルを「現代音楽と酒の日々」から変更しました。




ようこそ
カテゴリ
ありがとう