FC2ブログ

ブリン・ターフェル(Bryn Terfel) の『DREAMS AND SONGS』を聴く


ブリン・ターフェル
(Bryn Terfel, 1965/9/9 - )
イギリス人バス・バリトンの人気者サー・ブリン・ターフェルですね。もちろんオペラで活躍ですが、実はガラ・コンサートでの楽しさがターフェルらしさを感じます。オペラのアリア以外にも聴かせるステージは楽しさいっぱいですね。

今回の『DREAMS AND SONGS』は本人の好きな楽曲を揃えたそうですから楽しみですね。






1. Believe - 2. The Fields Of Athenry - 3. Perhaps Love - 4. If I Were A Rich Man - 5. Do You Love Me - 6. Amazing Grace - 7. Trees - 8. Tell My Father - 9. The Shepherd Poet Of Passchendaele - 10. The Golf Song (Golfer's Lament) - 11. Ar Lan Y Mor - 12. Granada - 13. Smile - 14. The Hippopotamus Song

エンターテイナー的な"1. Believe"、アルフィー・ボー(Alfie Boe)のテノールとのやりとりが楽しい"3. Perhaps Love"、ダニエル・ドゥ・ニース(Danielle de Niese)との熱唱"6. アメイジング・グレイス"、キャサリン・ジェンキンス(Katherine Jenkins)の美しいソプラノとのバラード"8. Tell My Father"、心にしみる"9. The Shepherd Poet Of Passchendaele"、とバリエーションとデュオ・パートナーも揃っていますね。"13. Smile"などは米エンターテイナーのロバート・グーレ(Robert Goulet)を思わせます。
全体的にはクールな歌いになっている気がしますが、熱唱系アリアを期待する人にはジョセフ・カレア(Joseph Calleja)のテノールとの派手な"12. Granada"も控えています。

好きなのはエマ・トンプソン(Emma Thompson)との洒落たラブソング"5. Do You Love Me"、そして何と言ってもミュージカル「屋根の上のヴァイオリン弾き」から「金持ちだったら」"4. If I Were A Rich Man"が最高ですね。ステージでもよく取り上げている得意曲で、セリフ付きですごく面白いのですが、絵がなくても素晴らしいですね。

 ★試しにYouTubeで観てみる? 是非!!
  2016年のBaden- Baden, Opera Galaから最高の舞台です




ポピュラーソングを並べ、米エンターテイナー的なソング・アルバムになっています。スマートな曲を中心にしながらも熱唱系も押さえてバリエーション豊かです。

クリスマスソング・アルバムも出していますが、このアルバムもそんな雰囲気で楽しめる一枚でしょう。静かな夜に二人でグラスを傾けるにはピッタリです。おすすめの一枚です





テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kokoton

Author:kokoton
.
    



後期ロマン派以降、現代音楽とマーラー交響曲(#5, #6, #9)を中心に楽しんでいます。


[2017年12月9日]
音楽ブログに特化するためにタイトルを「現代音楽と酒の日々」から変更しました。




ようこそ
カテゴリ
ありがとう