FC2ブログ

2018年9月6日 ヴィト/都響 の「ルトスワフスキ 交響曲 第3番」at サントリーホール

9月になって少し気温も落ち着いた東京。ポーランド・シリーズを楽しみに六本木まで行ってきました。

20180906SuntoryHall.jpg


ポーランド人指揮者アントニ・ヴィト(Antoni Wit)がポーランド絡みの曲を振りますね。一曲目のワーグナーは何かと思いきやポーランドの革命に触発された曲との事でした。ショパンを弾くシャルル・リシャール=アムラン(pf)は、今や"アムラン"で検索するとマルク=アンドレ・アムランよりもヒットする人気ピアニストなんですが聴くのは今回が初めてです。

もちろん第860回都響定期のメインは『ルトスワフスキ 交響曲 第3番』ですね。二楽章で前奏・エピローグ・コーダ構成。三つのエピソードからなる第一楽章や、チェーン形式のアレアトリーと言ったこの曲をヴィトがどう振るのかが楽しみでした。事前に楽曲構成を含めてルトスワフスキ本人とサロネンのCDで聴き比べをしてきました。→ こちら





序曲《ポローニア》
リヒャルト・ワーグナー (Richard Wagner, 1813 - 1883)

とにかく派手な式典楽曲風でした。ワーグナーらしい音色もありましたが、古典の色合いを強く感じましたね。ヴィトは都響をよく鳴らしていたと思いました。まぁ曲調ほどに興奮があれば素晴らしかったでしょう。



ピアノ協奏曲 第2番 ヘ短調 op.21
フレデリック・ショパン (Frédéric Chopin, 1810 - 1849)

事前にアルゲリッチ/デュトワ盤を聴いてきました。(良く歌うオケとpfで、ロマンチックなのに刺激的技巧ですね)
第一楽章オケの第一主題と第二主題はかなり抑えた印象、アムランのピアノはとても指の転がりの良さを感じましたね。
第二楽章の繊細な緩徐は表情は薄く、トリオでも殊更にpfの鳴りを高めては来ませんでした。
第三楽章のショパンらしいマズルカ風技巧的なpfパートは聴かせ処ですが、それらしかったのはトリオだけでした。
お行儀の良い演奏は三者のキャラでしょうね。
アムランはアンコールのソロ(ショパンの夜想曲#20)の方がエモーショナルで良かったです。




交響曲 第3番
ヴィトルト・ルトスワフスキ (Witold Lutosławski, 1913 - 1994)

第一楽章 #1エピソードは明瞭な鳴りで煌めきがあり、#2エピソードは蠢く魍魎の世界に足を踏み入れた様、#3エピソードはその延長に感じました。
第二楽章は白眉でしたね。前半は緊張感溢れるアレアトリーに魅了され、中盤の静音パートは混沌に、後半は回帰して山場は緊張感とパワーでした。
エピローグで美しく大きく広がりを作るとコーダはシャキッと締めました。
全体印象は煌びやか。この曲の持つ刺激と緊張感と混沌を楽しませてもらいました。特に第2楽章は素晴らしかったですね。

ヴィトの指揮(振らない様子)でアレアトリーパートが良くわかったのも嬉しかったです。

と同時にチェーン形式(アレアトリーと通常パートの組合せ)でアレアトリーを終了させるのに強音他何らかの指示が必要であり自然に終了させるのが難しい、という説もわかります。




なんと言ってもルトスワフスキの第3番ですね。20世紀を代表する刺激的な交響曲が楽しめました。流石はお国モノでしたね。

アプローズでは都響メンバーの足踏と、ヴィトに拍手を譲るシーンが充実感を表していました。

アレアトリーは弦楽器の方がボウイングがメチャクチャになって面白いと言う事がわかりましたねw




テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kokoton

Author:kokoton
.
    



後期ロマン派以降、現代音楽とマーラー交響曲(#5, #6, #9)を中心に楽しんでいます。


[2017年12月9日]
音楽ブログに特化するためにタイトルを「現代音楽と酒の日々」から変更しました。




ようこそ
カテゴリ
ありがとう