FC2ブログ

ヨハネス・カリツケ(Johannes Kalitzke) の現代音楽オペラ「Die Besessenen」を聴く


ヨハネス・カリツケ (Johannes Kalitzke, 1959/2/12 - )
ドイツ人の指揮者で現代音楽家、以前も歌劇「音楽家ジャック・ティーアガルテンの死による物語 (Report of the Death of the Musician Jack Tiergarten)」をインプレしています。
作曲に関してはヨーク・ヘラー(York Höller)に師事し、エレクトロニクスをIRCAMで習っていますね。


Die Besessenen (取り憑かれて)
ポーランドの劇作家ヴィトルド・ゴンブローヴィッチ(Witold Gombrowicz)の同名小説を基にした四幕75分のカリツケ四作目のオペラになります。「ティーアガルテンの死」と同様に人々の思惑と死で、タオルがキーですね。
タイトルは"脅迫"という日本語標記(naxos)が見られますが、"取り憑かれる"と言った意味の方がストーリーに合っている気がします。英題(The Possessed)もそう訳されていますね。
Theater an der Wien による委嘱作品で、カリツケ本人指揮 Klangforum Wienの演奏になります。


配役とあらすじ
Ocholowska (Majaの母) : Noa Frenkel
Maja (Ocholowskaの娘) : Hendrickje van Kerckhove
Cholawicki (Ocholowskaの使用人で老王子の世話人) : Leigh Melrose
Leszczuk (Majaの恋人) : Benjamin Hulett
Holszanski (老王子) : Jochen Kowalski
Skolinksi (美術史家) : Manfred Hemm
Maliniak (金持ちの老人) : Rupert Bergmann

娘Majaを金持ちに嫁がせたい母Ocholowskaは使用人で老王子Holszanskiの世話人であるCholawickiとの結婚を画策します。目的は王子蔵の絵画を売って高級ホテルの所有です。
 しかしMajaには恋人のLeszczukがいて、二人で絵画を持ち逃げする事を計画します。一方Cholawickiは美術史家Skolinskiを呼んで王子の城の絵画を鑑定、そこに幽霊がいる事を知ります。
 それは王子が認知を拒んだ私生児の息子がタオルを使って自ら絞殺死した、そのタオルが現れるのでした。王子は苦悩し、息子が許してくれる事を望んでいました。
 一方MajaとCholawickiの結婚は失敗し、母Ocholowskaは老紳士のMaliniakと結婚させようとしますが、その矢先Maliniakは殺害されてしまいます。
 Mayaは王子の息子がすでに許していると信じてタオルから呪いを解放し、王子の平穏を取り戻します。そこでCholawickiは絵画を持ち出して、美術史家が国に帰属する物だというにも関わらず、売ってしまいます。
 波乱の末、MayaとLeszczukはそれぞれ異なる未来に向かって進んで行く事を決めます。



Die Besessenes (2008-2009年), Opera in four acts
音楽は出し入れの強い無調の混沌ですが、基本はホモフォニー構成を感じオペラ背景音楽としては違和感は少ないでしょう。一方歌唱は明瞭な旋律は無く、トーキングに近い不協和音旋律で歌われます。とは言え大きな音程跳躍も無いので舞台全体としては今の時代のオペラであり、現代音楽を敬遠される方にも楽しんでもらえそうです。(第三幕後半あたりは前衛度が高いところも散見できますが)

 ★試しにYouTubeで観てみる?
  超ダイジェストですが映像付きで雰囲気は十分伝わると思います



今まで何作も現代音楽オペラをインプレしていますが、現代音楽による背景音楽は実験的な作品はないので違和感なく楽します。歌も人間は微分音等で歌ったりノイズで表現したりする事はなく、旧来のオペラに比べれば演劇に近いのかもしれませんね。完全実験的前衛のオペラも観てみたいですが…

82ページのライナーノートに舞台のカットと英訳、原語は独語、が載っていて展開は事前に読めますが、やっぱり映像で観たいですね。演技は狂気もありそうなのでDVD付きで出してくれたらよかったのですが。(そういう作品もありますから)




♬ 現代音楽CD(作曲家別)一覧
🎶 北欧現代音楽CD(作曲家別)一覧


テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kokoton

Author:kokoton
.
    




・2017年12月9日
音楽ブログに特化するためにタイトルを「現代音楽と酒の日々」から変更しました。




カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ようこそ
カテゴリ
ありがとう