FC2ブログ

フェルッチョ・ブゾーニの歌劇「トゥーランドット」を聴く


Ferruccio Busoni (Ferruccio Busoni, 1866/4/1 - 1924/7/27)
ヴィルトゥオーゾ・ピアニストにして現代音楽の黎明期まで生きた近代音楽家ですね。どうしてもピアノ曲が浮かびますが、その弟子に米現代音楽のエドガー・ヴァレーズやオットー・レーニング、欧州前衛のクルト・ヴァイルがいる事で先進性がわかります。楽曲変化は常に楽しさが感じられて好きですね。(以前もインプレで書いていますので詳細割愛です)

♬ 現代音楽CD(作曲家別)一覧


Turandot
ブゾーニはオペラも四作書いていて代表作は「ファウスト博士」です。「トゥーランドット」といえばプッチーニですが、原作はイタリアの劇作家カルロ・ゴッツィによる戯曲でブゾーニの他にも多くの作品が20世紀初頭までに書かれています。ブゾーニのトゥーランドットの方がプッチーニ(1926年)より早く、1917年にチューリッヒで本人指揮で初演されています。
という事で基本ストーリーは知られたプッチーニと同じなので楽に聴けますね。ただ以下の主な違いがあります。
1. リューではなくトゥーランドットの奴隷アデルマ、かつては王女でカラフを愛していた。従ってカラフの父王ティムールは登場しない。
2. トゥーランドットの三つの質問も違い、答えは「希望」「血潮」「トゥーランドット」ではなく「理性」「習慣」「芸術」。
3. リューはカラフの身の上を教えず自害するが、アデルマは自分の自由の身を条件にカラフの身分を明かす。(二人他の地で生きようとする)



(所有はfoyer旧盤で日本語対訳付きです)

Turandot (1917年)
二幕四場構成、約1時間15分になります。(プッチーニは三幕、約2時間)
ベースは新古典主義的で現代音楽的な聴き辛さはありませんw O, o, o, o! などは喜劇的な要素を含めながらバックグラウンドでは僅かですが不協和音を見せるパートもあります。また中華風(アラビア風?)の旋律も採用されて、美しい緩徐や華やかさを交えてとバリエーションも備えていますね。第二幕冒頭の英音楽「グリーン・スリーブス」引用が何を意味しているのかは不明ですが。(トゥーランドットが負けた後にシーンです)
歌唱パートでは少しコメディー風の様子が強調されて楽しさがあり、トゥーランドットの登場シーンは表情が豊かです。ピン・パン・ポンが出てこないのは残念w?!

 ★試しにYouTubeで観てみる?
  前置きが5'と長いですが、全編観られます。



現代音楽的な不安定要素は全くなく、表情豊かな演奏と歌唱パートは流石のブゾーニです。派手なプッチーニ版よりもコンパクト、ストレートに楽しめる気がしますね。

1959年録音でmonoですが音はよく、十分に楽しめます。






テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kokotonPAPA

Author:kokotonPAPA
.
    




・2017年12月9日
音楽ブログに特化するためにタイトルを「現代音楽と酒の日々」から変更しました。





カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
ようこそ
カテゴリ
ありがとう