FC2ブログ

ダリボル・ブクヴィッチ(Dalibor Bukvić) の Hrvatski Suvremeni Skladatelji を聴く


ダリボル・ブクヴィッチ (Dalibor Bukvić, 1968/1/1 - )
クロアチア人現代音楽家ブクヴィッチ(ダリボール・ブビッチの方が近い?)は、ザグレブの音楽学校を出てダルムシュタットでシュトックハウゼンに師事しています。その後パリのCNSMやIRCAMで習い、スペクトル楽派の雄ジェラール・グリゼーとも親交がある様です。2008年からはクロアチアのザグレブで活躍中ですね。


Hrvatski Suvremeni Skladatelji
Cantusレーベルから出ているクロアチア現代音楽家(Croatian contemporary composers)シリーズの一枚ですね。タイトルはクロアチア語の同名になります。
ソロから管弦楽、電子音楽まで聴く事ができます。



(DL版になります)

Spatial - Danse Des Apparitions (1998年), for electronics
電子音楽で左右の位相を使ったノイズ系ドローンですが、アンビエントではありませんね。残響音を残しているのはブクヴィッチの習ってきた音楽を背景に感じます。目新しさはありません。

Prophéties (1991年), for piano
テーマと6変奏の7つのピアノソロ小曲集です。主題は調性に不協和音的、音列的な印象で静から強への移行です。そもそもが旧態然とした動機で、その繰り返しと変奏ですから面白さが感じられないのが残念です。

Fantasia (1994/2008年), for flute
フルートソロで、やはり調性感漂う流れにスローな静からハイテンポ化します。動機の繰り返しと変奏も似たパターンですね。唸る様な超絶的技巧を感じる訳でもありません。

Musica Pian E Forte (1992年), for brass quintet
華々しい管楽器五重奏曲ですね。展開は同じですが、古典的なフーガさえ使って中途半端さが強烈です。

Diptih (1991年), for piano and ten woodwinds
上記曲の規模を大きくしたピアノと10人の管楽器奏者のための曲です。それでもpfの4/8拍子的ホモフォニーが面白さを出しているかもしれません。後半にはメシアンの様な管楽器とpfのポリフォニーパートもあります。

 ★試しにYouTubeで聴いてみる?
  スコア付きで、繰り返しの印象がわかります。


Actus (1992年), for orchestra
一曲目の電子音楽と似た流れです。トレモロ・トリルに木管が被る静音パート、ピアノや金管が絡みます。個々の声部に特徴は薄いですが、ポリフォニーの幽玄さとクラスター炸裂の"それっぽい"気配がありますw

Afrodizzyak (1996年), for bass clarinet and piano - one musician
バスクラとピアノ曲で、両者特殊奏法です。ノイズ系になりますね。ここまでの小編成曲としては一番面白いでしょうか。ただ、調性感が存在するのは奏法とミスマッチの気がしますね。


調性感+不協和音的な曲が並びます。特に小編成ではワンパターン、古さ、平凡さと言った印象が拭えませんね。4拍子ホモフォニーや大きな楽器編成の方が面白いかもしれません。




♬ 現代音楽CD(作曲家別)一覧


テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

鍵コメ様へ

ありがとうございます。
貴ブログの素晴らしさに感嘆しており、楽しみが増えました。^^
プロフィール

kokotonPAPA

Author:kokotonPAPA
.
    




・2017年12月9日
音楽ブログに特化するためにタイトルを「現代音楽と酒の日々」から変更しました。





カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ようこそ
カテゴリ
ありがとう