2018年3月26日 インバル/都響 の ベルリオーズ「幻想交響曲」at サントリーホール

桜🌸満開の東京、今日はシーズン最終の定期公演で六本木へ行ってきました。インバルが得意とする二人の作曲家ですね。

20180326_Suntoryhall01.jpg 20180326_Suntoryhall02.jpg 20180326_Suntoryhall03.jpg

前半のアレクサンドル・タロー(Alexandre Tharaud)もショスタコをどう演奏するのか興味がありますね。




ショスタコーヴィチ:ピアノ協奏曲第2番 ヘ長調 Op.102

A.タローの個人的勝手な印象とは異なる緩徐楽章の音の硬さ、第一楽章のカデンツァのスローに振られたアゴーギクでした。
オケもショスタコ節が抑えめに感じましたが演奏は共に素晴らしく、ファンにはたまらなかったのでは。なにぶんショスタコーヴィチは殆ど聴かないので...


ベルリオーズ:幻想交響曲 Op.14

頭の中で鳴っている定番ミュンシュ/パリ管、アゴーギクよりもディナーミクで展開する印象、を凌駕した迫力の第四第五楽章。
芸術家(音楽家)の不安を前半に、後半死後の狂気を乱舞させてくれました。演奏が真面目すぎるのが玉に瑕?w

第一楽章「夢と情熱」
第1vnのイデー・フィクスに揺さぶりが強かったですね。続く第2楽章へはアタッカで繋ぎました。
第二楽章「舞踏会」
第三楽章「野の風景」
この二つの楽章は可も無く不可も無くに感じました、が...
第四楽章「断頭台への行進」
凄かったのはここからでした。聴かせどころの「衛兵の行進」は華々しささえ感じさせ、短いイデー・フィクスからギロチンは大迫力。
第五楽章「サバの夜の夢」
再びアタッカで繋げると迫力と切れ味を増し、Wチューバが印象的な「怒りの日」は見事、思わずゾクッとしましたね。フィニッシュまで息もつかさぬ怒涛の流れでした。


『幻想交響曲』、実は相性いまいちのインバルなのですがこれはかなりgood!だったでしょう。後半、真面目な都響に標題音楽の狂気が憑依していたら名演の可能性さえ感じました。
団員の皆さんの満足感も伝わりましたね。
これがあるからコンサートはやめられません。




テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kokotonPAPA

Author:kokotonPAPA
.
    




・2017年12月9日
音楽ブログに特化するためにタイトルを「現代音楽と酒の日々」から変更しました。

ご案内
カテゴリ
kokotonPAPAカウンター
unique-access