FC2ブログ

マーラー 交響曲 第9番 名盤・珍盤 80CD聴き比べです [#5 / CD:51-70]

第5回目は好きなノット盤や発売されたばかりのハーディング盤からベテラン勢、20CDのインプレ追加です。

【参考】
 ★:名盤 (一般的いわれている…と思う盤)
 ☆:個人的お勧め
 ㊟:とっても変わっています (普通の演奏じゃ満足出来ない貴方にw)

[リスト] 現在#6回 80CD
 #1:10CD
バーンスタイン[x5 ★☆], アバド[x2 ★☆], ラトル[x2 ★], ゲルギエフ
 #2:20CD
カラヤン[x4 ★☆], テンシュテット[x3 ☆], クレンペラー[x3], ノイマン[x3], ベルティーニ[x3 ☆], クーベリック[x2], 井上道義[☆], 小林研一郎
 #3:10CD
インバル[x3], ドゥダメル, サラステ[☆], バルビローリ[☆], ジュリー二, ドラティ[㊟], ムント, 朝比奈隆
 #4:10CD
ラザレフ, ヤンソンス[x2], シャイー[★☆], ジンマン, バルシャイ, W.モリス, シェルヘン[㊟], マデルナ[x2 ☆]
 #5:20CD 本投稿
ノット[★☆], ハーディング[☆], ギーレン[x2 ㊟], 小澤征爾[x2], シノーポリ[x2 ㊟], ザンデルリング[x4], コンドラシン[x2], ミトロプーロス[x2], サロネン, アルブレヒト[x2 ☆], マズア
 #6:10CD
ショルティ[x2], ロペス=コボス, 金聖響, スラドコフスキー, セーゲルスタム[☆], ゴレンシュタイン, 高関健, 山田一雄, ミュンフン, ネトピル



ジョナサン・ノット, Jonathan Nott

★☆
Bamberger Symphoniker
[Tudor] 2008-9/15-19


(ノットのマーラーは全集で買って後悔しませんね)

現東京交響楽団の音楽監督を務めるノットが16年間首席指揮者だったバンベルク響とのチクルスからですね。

第一楽章
スロー緩やかな第一主題から第二主題も流れはスロー、そこから金管の下降を経て大きく反復と第三主題を奏します。展開部もスローな暗さと激しい山場の対比が葛藤を描くようです。山場の後は必ず落ち込む鬱も生きています。
第一楽章に欲しい"暗さ"がスローのテンポの中息づいて素晴らしいですね。
第二楽章
主要主題と第一トリオはテンポよく穏やかな優美さで、第二トリオも流れよくスケルツォを奏でます。優美さが引き立ち一楽章からの対比がきれいですね。
第三楽章
主要主題と副主題は速めの流れで、第二楽章ラストの狂奏からの繋がりがあります。中間部のターン音型で徐々に流れを穏やかに落とします。これは最終楽章の中心をなすターンへの流れにピッタリで、前後楽章との連携が見事ですね。ラスト山場も見事な狂乱です。
第四楽章
スローで哀しみの強いアダージョの主題。第一エピソードも沈んだ流れから弦楽緩徐の哀しみ溢れる美しさが大きく広がります。その後もスローなターン音型の浮遊感を最大限生かしながら透明な哀しみと美しさをラストの消え入る動機まで繋げます。この楽章に欲しい"死"を前にした澄んだ世界が感じられます。素晴らしいですね。


この曲の真髄とも言える第一楽章の"暗"と第四楽章の"哀"の美しさが伝わるマーラー9です。
スローで情感深い第一四楽章、明瞭な第二三楽章、その楽章構成が見事ですね。個人的ベスト5の一枚です!




ダニエル・ハーディング, Daniel Harding


Swedish Radio Symphony Orchestra
[harmonia mundi] 2016-9/8-10


ハーディングが2007年から音楽監督を務めるスウェーデン放送交響楽団(Swedish Radio Symphony Orchestra)との録音ですね。

第一楽章
緩やかで美しい第一主題、不安を感じさせる第二主題、反復は大きく奏でます。提示部のラストを激しく、展開部も柔らかさと切れ味の出し入れのコントラストが見事に付いていますね。再現部も懐の広さを感じさせながら、うまく静的なコーダへ結びます。
第二楽章
主部主題、第一トリオ、共にやや重さを感じます。第二トリオは緩やかですが、決して軽やかではありません。第二第三楽章では激しさがベースに存在しますね。
第三楽章
主部主題は切れ味良く、副主題もそれに絡みます。重厚さと軽妙さの微妙なバランスです。中間部はやや速めに美しさと哀しみを合わせ大きな波を奏でます。ラストの暴れ方は見事!!
第四楽章
主要主題は美しく、ファゴットのモノローグから第一エピソードは情感大きく盛り上げ繊細に納めます。第二エピソードもその流れです。「亡き子をしのぶ歌」の引用からコーダはpppスローの美しさを生かして消え入ります。


重心の低い切れ味と見事な広がり、哀愁よりも嶮しさのマーラー9番です。
一四楽章vs二三楽章の対比が見事でした。コンサートでは相性の良くないハーディングですが、期待を裏切る素晴らしさでしたw おすすめの一枚ですね。


本アルバムは2016年9月8-10日のセッションですが、翌2017年7月24日のヴェルビエ祝祭管弦楽団(Verbier Festival Orchestra)とのLiveを聴く事ができます。
Mahler “Symphony No. 9” (Daniel Harding • Verbier Festival Orchestra, 24 Jul 2017)
流れとしては良く似た演奏になります。第一楽章は悪くありませんが、第二楽章が軽めで間伸び感を感じます。第三楽章は揃いは今ひとつですが激しさが良いですね。第四楽章は似た展開ですがやや緩いです。
結果的には煮詰めたセッションと言う事になるのでしょうが、それをライヴで聴きたいところですね。




ミヒャエル・ギーレン, Michael Gielen (2録音)

個人的には現代音楽の擁護者といった指揮スタイルも含めて興味の尽きないギーレンですが、マーラー9番は首席指揮者を務めた現南西ドイツ放送交響楽団(SWR Sinfonieorchester)との録音が2枚正規盤として残されています。



(#1)

SWF-Sinfonieorchester Baden-Baden
[Intercord] 1990-Apr. Aug.


バーデン=バーデン南西ドイツ放送交響楽団の首席指揮者時代のマーラー9ですね。

第一楽章
第一主題から第三主題までをディナーミク強く情感を高めた提示部。展開部も静のスローを鬱と哀に、強音パートをスピード感と切れ味にコントラストを付けて素晴らしいです。処々で細かな癖があるのもギーレンらしい?!
第二楽章
主部主題はなんともスロー、第一トリオは程よいテンポに戻して心地よく鋭いレントラーです。そこから穏やかに第二トリオへ入ります。スローの主題が特徴的ですね。
第三楽章
主要主題と副主題は刺激的にやや刺々しく絡んで流れ、中間部でテンポを大きく落としてコントラストをつけます。
第四楽章
主要主題はナチュラルに弦楽の美しさを讃えます。第一エピソードは細い静音から情感を込めつつも速めの流れで展開しラストでスローに持ってきます。第二エピソードも速めで入りスロー静音に落としてコーダへ向かううまさです。


表現的揺さぶりとメリハリのマーラー9です。静音パートは大きくスローにハイテンポを交えて、そこに一癖と好みは分かれるかもしれません。でも好きな演奏です。





(#2)
SWF-Sinfonieorchester Baden-Baden und Freiburg
[Hanssler Classics] 2003-6/27-7/4


1996年にバーデン=バーデンからフライブルク・コンツェルトハウスへ本拠地を移しバーデン=バーデン・フライブルク南西ドイツ放送交響楽団に名称変更。ギーレンは1996年まで首席指揮者を努めていましたね。(その後2016年にシュトゥットガルト放送交響楽団と統合されて現在に至っています)

第一楽章
第一第二主題を緩やか厚めに、第三主題で大きく波を立てます。展開部はコントラストを強く付けて重厚です。クセはなくなり堂々の風貌です。
第二楽章
主部主題はやっぱりスロー、第一トリオもややスロー気味ですがレントラー感はあります。第二トリオでスローに落とし後半をアップテンポで切れ味を見せますが全体としてスロー感が強くなっています。
第三楽章
主要主題と副主題はややスローになり絡みも刺激は減りました。テンポアップ後の中間部で再びスローにします。基本はスローですね。
第四楽章
主要主題は微妙なアゴーギクを振った美しさになっています。第一エピソードは細い静音から速めに流れて情感を戻すのは同じです。第二エピソードも流れは変わりません。ディナーミクを抑えた事で厚みを感じますね。


クセはあるものの堂々としたマーラー9です。極端な静音ディナーミクを減らし重厚さが出ましたね。とはいえスロー中心のアゴーギクは個性的です。
ならば昔のクセ者の流れに心惹かれるものを感じますが。(汗)




小澤征爾, Seiji Ozawa (2録音)


(#1)
Boston SO
[Philips] 1989-10

言わずと知れたボストン響の音楽監督時代のマーラー9番です。

第一楽章
第一主題と第二主題を抑えて冷静な流れから展開部へ入ります。展開部もクールで静的パートと激情パートのコントラストがコントロールされています。再現部も"計算尽く"を感じます。
第二楽章
主要主題はややスロー穏やかに絡んで第一トリオでシャキッと気配を変え心地よいスケルツォになります。第二トリオは緩やか穏やかです。後半の山場も暴れる事なく全体として穏やかさのスケルツォですね。
第三楽章
主題と副主題は心地よい勇壮感と軽快感で絡んで進み、中間部では穏やか伸びやかで山場へ繋ぎます。ラストもマーラーの指示通りに荒々しく、見晴らしの良い楽章です。
第四楽章
序奏・主題の美しい広がりは第三楽章からの対比が心地よいですね。第一エピソードは暗い静音パートと弦楽緩徐パートの広がりが美しです。第二エピソードもうまくアゴーギク・ディナーミクを振って哀愁ある美しさが際立ちます。この流れからのラストの静的美しさはマッチしています。


全て小澤さんコントロール下、ライヴとしてはマイルドでまとまりすぎのマーラー9です。
ただ、第三楽章から最終楽章は素晴らしく全体この流れだったら絶対☆ですね。





(#2)
サイトウキネン・オーケストラ
[Sony] 2001-1/2-4


BSOとの12年後、これまた言わずもがなの創設者であり総監督を務めるサイトウキネンを振った演奏です。

第一楽章
タメの効いた第一主題と揺らぎを持った第二主題、金管の半音下降からの反復と第三主題の緊張感が素晴らしいですね。展開部・再現部共に緊張感とオケの漲るパワーを感じられます。ただこの楽章としては厳つい気配が強すぎの気がします。
第二楽章
主要主題は穏やかな流れ、第一トリオでピシッとするのはBSOと同じですね。その後も良く似ていますが演奏の切れ味はこちらが上。
第三楽章
主題と副主題は切れ味よく絡み、伸びやかな中間部以降ですが前半がややフラットに感じます。ラストのパワーは見事。
第四楽章
序奏・第一主題は重厚感、第一エピソードも重さが際立ちます。第二エピソード緩徐パートもそっけない感じです。ラストに向けても線の細さより朗々と鳴る気配です。


この曲に感じる哀しみや美しさが弱いマーラー9ですね。通して重厚、緩徐パートも厚い音色だからかもしれません。
演奏が素晴らしいのでコンサートで聴いたら賞賛してしまうかもしれませんね。(汗)




ジュゼッペ・シノーポリ, Giuseppe Sinopoli (2録音)

シノーポリと言えば学研肌でスローという印象でしょうか。それと指揮中に倒れて亡くなった事。個性的ですが音楽的な好印象が残っていません。



(#1)
Philharmonia Orchestra
[DG] 1993-12


シノーポリが首席指揮者を努めていたフィルハーモニア管を振ったマーラー9です。

第一楽章
緩やかで甘美な第一主題、第二主題で曇らせますがテンポはキープされます。そこから揺らぎを入れて反復、第三主題から派手に盛上げます。展開部も"静音=スロー強調"の定義?で、強音パートとコントラストが明確です。
第二楽章
主要主題と第一トリオは適度なテンポ設定、第二トリオでも特異性はなくレントラーらしさはあるものの印象は薄めです。長い…
第三楽章
マーラーの言う"きわめて反抗的に"とまでは行かないかもしれませんが、前楽章より切れ味はあります。
第四楽章
主要主題は暖色系のややスローで哀愁ではないでしょう。第一エピソードは静音パートも含め速めになります。第一楽章での流れの設定とは全く異なります。ラストのvaの動機(F♯,G,A,G)だけ音が大きめなのも不自然さを感じます。


第一楽章のスローと強音パートの印象は第四楽章で崩されたり、統一感に欠けるマーラー9です。





(#2)

Staatskapelle Dresden
[PROFIL] 1997-4/6


上記4年後、シュターツカペレ・ドレスデンの首席指揮者として振ったマーラー9ですね。スロー化が全楽章で進み、82分から93分を超える演奏になっています。特に第一楽章は世界最遅演奏(32'57")です。

第一楽章
第一第二主題はさらに遅くなり気配も薄くなっています。強音もスロー化して反復、第三主題も大スロー化。何でもかんでもスローになってます。スロー再生で聴いているみたいです。世界最遅の第一楽章ですからね。
第二楽章
一部パートを極端にスロー化しり変な揺さぶり構成になっています。ディナーミクの弱側がスッと消えたり、流れを遮る様な奇妙なアゴーギクを振ったり。立派なクセ物楽章です。
第三楽章
ありきたり印象の主要主題と副主題はやや速めに…あれっ普通??…ところが中間部で一転大スロー化!! ここからはディナーミクも加わってクセ物と化します。
第四楽章
第一主題はスローが増して甘美ですが、乗っけから揺さぶってきます。第一エピソードは速め繊細、ですが、弦楽の山場からは昂ぶりを否定する様なスローと煽りが入ります。第二エピソードは平穏な流れで1回目の山場を迎えますが、ターン音型からスローになり2回目の山場は抑え目の大スローです。その後は超静音スローでコンサートなら素晴らしいでしょう。


スローで揺さぶりのクセ物マーラー9です。特に第一楽章のフラットスローは密度が希薄になって窒息しそうですw その後はアクの強い?流れがたっぷりと味わえますね。なんとラストは美しいです。
クセ物マニアの貴方におすすめです!!




クルト・ザンデルリンク, Kurt Sanderling (4録音)

日本でもお馴染みの父ザンデルリング。マーラーの9番は4枚も正規録音を残しています。(もう一枚フィルハーモニア管との非正規盤がありますが…)



(#1)
Berlin SO
[Deutsche Schallplatten] 1979-2/28,3/2,8


鍛え上げた手兵 ベルリン交響楽団(東独)の芸術監督/首席指揮者を1977年に退いた2年後の録音ですね。

第一楽章
スローな序奏と第一主題、第二主題から反復で大きな波を奏でます。第三主題の激しさから暗転して展開部に入りますが少しモヤモヤした感じですね、山場はパワフルですが。再現部は落ち着いた流れで悪くありません。
第二楽章
主要主題と第一トリオは硬派なレントラーとスケルツォ。第二トリオはやや緩めて流れる様なスケルツォです。後半は情感を上げますが真面目過ぎかも。
第三楽章
主要主題と副主題の絡みは教科書的で変化に乏しく、中間部やラストでも変化量が不足気味です。
第四楽章
序奏・第一主題は厚めの音で入ります。第一エピソードは細く入って厚くなりますが没個性的です。第二エピソードも生真面目で、流れにアゴーギク・ディナーミクの個性が感じられません。


破綻の無い、落ち着いて計算された真面目なマーラー9です。何か一味足りません。





(#2)
BBC Philharmonic
[BBC Legends] 1982-7


ベルリン響の3年後、BBCフィルハーモニックを振った演奏です。

第一楽章
スローな出だしは変わりません。第三主題から展開部も同様ですが、自然体の流れと程良いコントラストがありますね。
第二楽章
ここでも主要主題から第二トリオまで穏やかさのレントラーとスケルツォになっています。全体としてやや緩さが強くダレますが。
第三楽章
主要主題と副主題の絡みはフラット、中間部も変化が薄いです。ラストはもっと強烈さが欲しいです。
第四楽章
序奏・第一主題は緩徐色を強めていますね。第一エピソードも第二エピソードもその流れで緩徐的です。ただ単調で感情移入は薄くフラットさが拭えません。


特徴が薄く緩いマーラー9です。特に第二第三楽章にマーラーの指示する「粗野」や「反抗的」が欠ける感じですね。





(#3)
NDR Symphonieorchester Hamburg
[Profil] 1987-11/7


BBC-Pとの5年後、北ドイツ放送交響楽団(現:NDRエルプフィルハーモニー管弦楽団)との演奏です。非正規盤から昨年正規盤となって話題になりましたね。

第一楽章
序奏から第一主題は適度にスローですが第二主題と反復も含めて緊張感があります。第三主題も緊迫感がいいですね。展開部、再現部共に適度な揺さぶりと荒れが締まりのある演奏にしています。
第二楽章
主要主題はカッチリ、そこから流れを作り第一トリオは表情変化させて明確なリズムを刻みます。スローダウンの第二トリオも全体の流れを生き生きさせていますね。後半は約束通りに荒れ気味に。
第三楽章
主要主部と副主題は落ち着いた絡みから軽妙さを見せ、中間部で牧歌調にチェンジします。ラストはコントロールが効き過ぎかも。
第四楽章
第一主題は大きく優美さを見せます。そして第一エピソードも重心の低い豊かな表情を見せてくれます。第二エピソードも哀愁漂う表情を見せながら山場を作り、『亡き子をしのぶ歌』引用の浮遊感から消え入ります。


適度な揺さぶりと興奮、安心して聴ける王道的マーラー9です。初めて聴くのにもオススメですね。
指揮者よりもドイツオケならではのパターンの気がします。この演奏だけ色合いが違うのが明白ですから。(同じ事はマーラー5番でも感じてインプレしています)





(#4)
Philharmonia O
[ERATO] 1992-1/24,25


NDR響の5年後、名誉指揮者を務めたフィルハーモニア管弦楽団を振った演奏です。

第一楽章
出だしは再びスローに戻って、第二主題への流れは変化が薄く反復もモッソリ。第三主題も見晴らしがよくありません。展開部・再現部もスローモヤモヤですね。
第二楽章
主要主題のtbが奇妙なヴィブラートですが、流れはレントラーが生きています。第一トリオはスロー、例によって落ち着かない変化です。第二トリオもスローの揺さぶりでモヤモヤ感が拭えません。
第三楽章
主要主題と副主題はリズミカルですが変化に乏しく退屈、でも中間部では表情を一転させます。ラストは約束通りに少し乱舞して見せます。
第四楽章
入りは美しい緩徐ですね。第一エピソードは抑揚が抑えられてフラット、第二エピソードもその延長、通して長く感じてしまいます。


82年BBC-Pの延長線上にある、もどかしさ満点のマーラー9番です。モッソリ・モヤモヤ、体調不良かもw
結局ザンデルリンクはNDR主導の演奏だけという事に思えてしまいます。




キリル・コンドラシン, Kirill Kondrashin (2録音)


(#1)
Moscow Philharmonic Orchestra
[Meloydia] 1964-5


コンドラシンが15年間首席指揮者を務めた手兵モスクワ・フィルハーモニー管弦楽団を振った演奏です。

第一楽章
美しく軽い第一主題、第二主題も重さは控え目に、反復でも重厚さより明るさを感じます。展開部も軽めながらスピード感と切れ味の山場です。再現部も速め軽量で胃もたれしない流れですね。
第二楽章
主要主題は落ち着きから優美に、第一トリオはややもったいぶっていますが良いスケルツォ感です。第二トリオも大きく変化はさせずに穏やかですね。
第三楽章
主要主題・副主題共に速め軽やかで中間部も速く変化量は少なめです。12'を切って流れは速いですね。
第四楽章
序奏・主題は透明感ある美しさで、第一エピソードは哀愁を感じる流れからhrが主題を美しく奏でていい緩徐パートです。第二エピソードも哀しみを感じる美しさから山場を作ります。この流れはラストの消え入るターン音型にベストマッチでこの楽章として好みですね。透明な美しい哀しみの音色は、静かな"ersterbend 死"のイメージに近い印象です。


やや速めライトウェイトの肩のこらないマーラー9番です。最終楽章の静的な美しさは好みですね。
コンドラシンにしては淡白でしょうか。





(#2)
Moscow Philharmonic Orchestra
[ALTUS] 1967-4/16


1967年東京文化会館でのマーラー9番本邦初演。記念すべき録音ですね。マーラー人気が近年の事であるのが今更ながら再認識されますね。

第一楽章
美しい緩やかさの第一主題から興奮を避けた第二主題、それを大きく構えた反復と第三主題の提示部です。展開部も落ち着きはらい緩やか優美からアレグロ・リゾルートで興奮の山場を作りコントラストの良い流れ。彫りが深く、美しさと暗い重さのバランス良い楽章です。
第二楽章
主要主題は優美ですが表情豊かです。第一トリオは派手め第二トリオを優美にと、濃厚なスケルツォ楽章です。
第三楽章
主要主題・副主題は切れ味と軽快さのバランスよく流れて中間部は速めです。緩やかな揺さぶりを感じます。
第四楽章
揺さぶりを感じる主題、第一エピソードは繊細な音色からマーラーらしい弦楽の美しい山場を作ります。第二エピソードも静音パートは素晴らくラストへの静的流れはいいのですが山場もクールです。


コンドラシンらしい陰影を付けた明快なマーラー9番です。山場強音パートに激情さや狂気があれば素晴らしかったでしょう。




ディミトリス・ミトロプーロス, Dimitris Mitropoulos (2録音)

B.ワルターの跡を継ぎニューヨーク・フィルの音楽監督(1949-1958)を務めたミトロプーロスはL.バーンスタインにバトンを渡したわけですが、米国にマーラーを広げた功績も大きいですね。第9番は1960年にNYPとVPOの両オケを振った録音が残されていますが、その違いも驚きです。
今回紹介は両方ともCDセットでmonoになります。



(#1)
New York Philharmonic
[Music&Arts] 1960-1/23


バーンスタインが引き継いだ1958年に名称をニューヨーク・フィルハーモニー交響楽団からニューヨーク・フィルハーモニックに改名した元手兵を振ったマーラー9番です。

第一楽章
第一主題は適度な揺らぎ、第二主題も大きくは表情を変えませんが第三主題前後からは大きく盛りたてます。展開部は静音パートでうまく間を使いながらNYPらしいパワフルさを活かしていますね。
第二楽章
主要主題は速く、テンポを下げた第一トリオでは切れ味を見せます。第二トリオはやや速めな優美さです。
第三楽章
主要主題は切れ味とリズミカルを合わせながらの重量級、副主題は軽やかに絡みます。中間部ではシンプルな美しさ、スローに落としてラストは見事なパワープレイです。
第四楽章
主要主題は緩やかに美しく入り、第一エピソードでは美しい哀しみの流れから情感を盛上げます。第二エピソードはスローで哀しみの回音音型を最大限生かします。山場を大きく、『亡き子をしのぶ歌』引用からコーダは美しく消え入ります。


速め主体の流れで一昔前のスタイル?ですが、パワーのマーラー9です。第四楽章の素晴らしさで、1960年のNYPの実力が味わえますね。





(#2)
Vienna Philharmonic Orchestra
[Memories] 1960-10/2


上記同年10月に親交の厚かったウィーンフィルを振ったマーラー9番ですね。逝去(1960-11/2)一ヶ月前の演奏です。

第一楽章
スローになった第一主題から第二主題へは表情を変えずに、反復後の第三主題で盛上げます。展開部は静音スローを鬱的に表し、対比よく切れ味と迫力を見せます。今風の展開になっていますね。
第二楽章
主要主題は一気にスロー化(標準的に)されました。歯切れよく流れ第一トリオでも遅めでシャープ、第二トリオは緩やか穏やかです。その後は緩急交えた流れです。
第三楽章
主要主題はここでも重量級、副主題はスローでモッソリになっています。中間部は美しさを演出して、ラストは派手ですが落ち着いています。
第四楽章
主要主題は変わらず美しい流れですが、第一エピソードは速めになり静的哀しみの表情が薄くなっている感じですね。第二エピソードも速めになって、この楽章の逆変化が不思議です。山場を大きく情感を付けるのは同じですが。


大きく変わって教科書的なマーラー9になってしまいましたいます。演奏時間は80分と6分ほど長くなってスローを生かした演奏ですが、これで標準的な時間でしょう。




エサ=ペッカ・サロネン, Esa-Pekka Salonen

Philharmonia Orchestra
[signum] 2009-3/22


指揮者の顔がありますが元は現代音楽家で、M.リンドベルイやサーリアホと実験音楽合奏団Toimiiを組んでいたりしましたね。1983年にMTTの代役として急遽フィルハーモニア管弦楽団を指揮。2008年から同楽団の首席指揮者を努めていて、来日公演でも素晴らしいマーラーを聴かせてくれましたね。

第一楽章
第一主題は緩やか、第二主題へも適度な刺激で、そして大きく盛上げて反復に入ります。第三主題から見事に山場に向かいます。展開部もメリハリの強い大きな流れを作り見晴らしの良さを感じますね。
第二楽章
主要主題はスローに歯切れよく、第一トリオはテンポアップして良いリズムを刻みます。第二トリオでは穏やかな流れに転じて展開がスッキリとしていますね。その後もテンポ変化がうまいです。
第三楽章
主要主題と副主題はリズミカルで少々派手気味で、中間部でもやや速めに流れを作ります。その後緩やかに落として大きく山場を築き、ラストはハイスピードで派手に盛上げて終わります。見事!!
第四楽章
序奏から主要主題は情感の厚みを感じます。第一エピソードでは薄暗さや哀しみを感じますが、やや速め重心低めです。第二エピソードでも美しさが速めのテンポで今ひとつ生かされません。その辺りはサロネンの意図でしょう。その後ターン音型からは静的叙情性を間を使って高め、コーダからフィニッシュは静かに消え入ります


明瞭明快、見晴らし良いマーラー9ですね。ディナーミクとアゴーギクのバランスがとてもいいですが、第一第四楽章に澄みきった静的哀愁さがあればだったかも。




ゲルト・アルブレヒト, Gerd Albrecht (2録音)

4年前(2014年)に亡くなられた読響の常任指揮者としておなじみのドイツ人指揮者アルブレヒトは二つの録音を残していますが、両者異なる展開で好演! 残念なのは共に市場にでる事が少ないという事でしょう。



(#1)

Philharmonisches Staatsorchester Hamburg
[insider] 1991-9

albrecht-mahler9-hamburg.jpg
(聞いた事のないレーベルでamazonには登録が無い様です)

1988年1997年に音楽総監督を務めたハンブルク州立歌劇場、そこの管弦楽団であるハンブルク・フィルハーモニカーを振ったマーラー9です。

第一楽章
緩やか優美な第一主題、第二主題から反復そして第三主題ではうまく緊張を与えます。展開部以降もスロー基本で緩急良く堂々とした構えの王道演奏ですね。
第二楽章
ここでも緩やかな流れで構成されています。スローが強めの主要主題から第一トリオ、そして第二トリオと変化と締まりが良いですね。
第三楽章
主要主題はキレよく入り副主題も少し穏やかに、中間部でのシンプル&スローの落とし方がうまいですね。構えの大きさが響きます。ラストも気合の入った迫力です。
第四楽章
主要主題はスローに哀しみの美しさを奏でます。第一エピソードもその流れで沈んだ美しさから入り、終盤のターン音型を意識した素晴らしい流れです。もちろん第二エピソードは山場も含めて哀しみの美しさが見事に表現され、コーダから消え入ります。お見事!!


スロー基本で堂々としたマーラー9です。重心は低く鬱や哀の静的美しさと緊張はこの曲の本道でしょう。
入手難が問題ですがおすすめの一枚で、コンサートで出会えたら大喝采ものです。





(#2)
読売日本交響楽団
[YNSO] 1997-12/13

albrecht-yomikyo_mahler9.jpg
(会員配布盤の為amazonには登録が無い様です)


上記の9年後、読響の常任指揮者(1998-2007)を務めたアルブレヒトが就任の一年前に振ったマーラー9番です。(読響とのマーラー5番はいただけませんでしたが…)

第一楽章
序奏・第一主題はやや速めでシャープ、第二主題の表情変化は少なめですが金管で盛上げて反復し第三主題をビシッと決めます。展開部も速め基本で揺さぶりを含めて切れ味とテンションの張った流れです。キレキレのシャープな第一楽章ですね。
第二楽章
主要主題は抑揚を付け、第一トリオも流れに乗りリズミカルでシャープ。第二トリオで穏やかな色を見せますが後半の動機の絡みは速めの流れです。
第三楽章
主要主題は速めでテンションが張っています。副主題で軽やかになりますが絡んで速めで勢いを付けて進みます。中間部では穏やかに一休み? その後は揺さぶりを強めながらラストの速く切迫した強烈な山場を作ります。
第四楽章
主要主題は美しいのですが緊張した揺さぶりが強いです。第一エピソードは一転して暗く静かに落とし繊細さを見せつけ、山場は速めです。第二エピソードも速めに入りそのまま二度の山場を作り、その後はラストに向けたターン音型を揺らぎを付け美しく落とします。


緊張感みなぎるマーラー9です。速め設定*で揺らぎとテンションが強く、哀しみや美しさより緊迫さです。
初顔合わせがもたらしたのかこの張り詰めた空気は一聴の価値ありです。(非売品というのが残念!)


*演奏時間が81’から71'と大幅に短くなっています




クルト・マズア, Kurt Masur

New York Philharmonic
[TELDEC] 1994-4


3年前に亡くなった日本でもおなじみのマズアがニューヨークフィルの音楽監督時代のマーラー9です。

第一楽章
第一主題から第二主題への流れは一般的、その後半からは抑揚を強め反復は切れ味が良いです。第三主題で一転して展開部は暗いのですが速めで、小気味好い出し入れが良い流れを作ります。再現部は穏やかです。
第二楽章
主部主題レントラーは軽量、第一トリオは速いです。第二トリオで穏やかになり、後半は速め主体の出し入れから穏やかにまとめます。
第三楽章
主部主題は切れ味よく軽快に、第二トリオの静的動機が繰り返され中間部に入ると細かなやりとりからラストは激しい締めくくりです。
第四楽章
第一主題は情感強く入ります。第一エピソードでは静的暗転から叙情をたたえる流れになります。第二エピソードは哀愁、そこから山場を作るとコーダへ向かう準備になり、主要主題の変奏と『亡き子をしのぶ歌』引用からは美しさを見せてpppに終息します。


速めの流れに切れ味でコンパクトな印象が残ります。ライトウェイトのマーラー9です。
決して悪くはないのですが…







全集物を中心にまだ残っているようですので、また追記すると思います。^^;



テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kokoton

Author:kokoton
.
    



後期ロマン派以降、現代音楽とマーラー交響曲(#5, #6, #9)を中心に楽しんでいます。


[2017年12月9日]
音楽ブログに特化するためにタイトルを「現代音楽と酒の日々」から変更しました。




ようこそ
カテゴリ
ありがとう