FC2ブログ

2018年1月10日 大野和士/都響 の R.シュトラウス組曲《町人貴族》・ツェムリンスキー交響詩《人魚姫》at サントリーホール

今日が年明け初コンサート、都響第846回定期演奏会で冬晴れの六本木まで行ってきました。

20180110_SuntoryHall01.jpg 20180110_SuntoryHall02.jpg

20世紀初頭のドイツ後期ロマン派作品、似たような演奏時間の標題音楽二つが並びました。
違うのは小編成オケと大編成。
大編成の『人魚姫』の方が曲調含めて大野さんが得意そうな気がしますが、どうでしょうか。事前インプレをしてから来ました。
 ・R.シュトラウスの『町人貴族』聴き比べ:テンシュテット / ライナー / シュトラウス
 ・ツェムリンスキーの交響詩『人魚姫』を聴く



組曲《町人貴族》 Op.60:R.シュトラウス

前奏曲冒頭の軽さを聴いた時はアレ?っと思いましたがその後はアゴーギクを使ったいい流れに、続く2.メヌエットではロココ・バロック調のこの曲とは思えない小編成オケながら重量感ある演奏になりました。
独奏vnは力感ある音色と切れ味を見せ、part9.宴会は素晴らしく、表情豊かにしてお喋りな演奏で楽しませてくれましたね。R.シュトラウスですからね、これでないと。
それにしても、この曲はピアノが響きませんねェ。


交響詩《人魚姫》:ツェムリンスキー

一言で言うと、大音響の人魚姫でしたね。各楽章共に、残った印象は大編成オケの鳴り響くパワー。弱音側の振りは極少なく、とにかく厚め。アゴーギクもあまり感じなかったので、印象は爆音フラット。
人魚姫の独奏vnは第一楽章はわかりましたが、第三楽章の弱音ソロはわかりませんでした。人魚姫のストーリーを想像する様な展開ではなかった感じです。
とは言え、これだけの音量は実に久しぶりの様な...
終演後のオケのメンバーの様子はかなりの満足気。またもや駄耳の証明⁈


何と言っても表情豊かな《町人貴族》が素晴らしかったですね。
事前予想では《人魚姫》だったのですが、こちらは久々の大爆音が楽しめたので、それもまた楽しでした。
今年の初コンサートとしたら上々でしたね。


テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kokoton

Author:kokoton
.
    




・2017年12月9日
音楽ブログに特化するためにタイトルを「現代音楽と酒の日々」から変更しました。




ようこそ
カテゴリ
ありがとう