米現代音楽もインスタレーションの流れ:eighth blackbird の HAND EYE を聴く

前回に続きエイトエイス・ブラックバードです。HAND EYE (2016年) は若手米現代音楽家集団 "Sleeping Giant" 6人の作品になります。

各楽曲は現代芸術とのコラボ(inspired?)作品となっていますね。ただ、ライナーノートにはその現代芸術のビジュアル紹介はなく 紹介HPも既に消滅。以下のアドレスが作品と解説セット(英文)で参考になります。
http://bit.ly/2ftAUIm

メンバー等グループの紹介は今までのページをご覧くださいね。

このブログのeighth blackbirdの関連投稿記事

HAND EYE / eighth blackbird

1. Checkered Shade:Timo Andres
Astrid Bowlbyの絵画にインスパイアされています。
 ミニマルでスタートですが、和声的には不協和音が挟まれて、中盤では強音でクラスターっぽい前衛傾向をみせます。後半は美しい流れを感じるミニマル系で、変化の楽しさはありますが無調にはならないポスト・ミニマルですね。

2. Mine, Mime, Meme:Andrew Norman
Installation piece "Audience"にインスパイアされています。前述の参考ページに写真があります。
 緩い流れで、弦の全ての音をポルタメントで繋いで旋律を奏でます。鍵盤打楽器と共に空間に反響する音色が面白いです。根底の流れには反復が配されておりポスト・ミニマルで新しさを感じますね。

3. Conduit:Robert Honstein
 I. Touch - II. Pulse - III. Send
Zigelbaum and Coelhoの作品にインスパイアされています。
 I. Touchは明るいお祭りの様な音楽で、短めのグリッサンドと少しパルスっぽさです。II. Pulseはタイトル通りの等拍パルスとその変則で、音色は美しく物悲しげです。III. SendはIIの美しさに衝撃音を加えてテンポアップした様な音楽です。
もちろん全パートがミニマル系ですね。デイビット・ラングを思い出しました。

4. South Catalina;Christopher Cerrone
Internationalの"Swarm"にインスパイアされています。前述の参考ページに写真があります。
 まさにキラキラした音楽で、クレシェンド的にゆっくりと音圧を上げていきますね。後半は一度リセットされて煌びやかで優しさの静音からのリスタート、ラストは静音に回帰します。
アンビエント風です。

5. By-By Huey:Ted Hearne
Robert Arnesonの作品にインスパイアされています。
 ソナタ形式の様な構成で、全体的にパルス音構成で入りテンポを上げノイズ風になります。展開部?で一つのリズムを刻み始めると他の楽器がそれに同調します。その後は再現部の様に主部の変則パターンが現れます。コーダは静的です。
完全な無調ではなく、あまりミニマルも感じない面白い楽曲で好きかもしれません。

6. [crossfade]
文字通り5. → 7. へのクロスフェード・パートですが、流れる様に…ではなく いきなり混沌になりフェードアウトしながらキラキラの反復音に繋がります。

7. Cast:Jacob Cooper
Leonardo Drewのペーパークラフトにインスパイアされています。
 美しく落ち着いたミニマルがしばし流れると弦やflのノイズ音が少しづつ被ります。その流れがしばらく続くとclやfl, vcが短い旋律を強音で奏でます。pf中心の根底のミニマルは最後まで表情を崩しません。最後は静止です。

試しにYouTubeで観てみる?
 全曲演奏でパフォーマンスと映像の採用がありインスタレーションの流れは明白です!! ただ演奏の出来はCDの方に分がある様ですね。




現代芸術とのコラボによるインスパイアは一部、4.South Catalina等で、は"なるほど?!"と感じるものはありますね。
Sleeping Giantの楽風はポスト・ミニマルですが、前衛寄りのサウンドです。N.Y.ミニマル系の様なポップさとはまた一線を画します。
ステージ(上記YouTube)では映像が流されていて、インスタレーション現代音楽は当たり前の時代を感じます。





他にも同じくシカゴで活躍する"Third Coast Percussion"等、米現代音楽アンサンブルは面白いですが一度区切りましょう。(このシカゴの2グループでS.ライヒのDouble Sextetをやっていますね ➡︎ in YouTube)


テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kokotonPAPA

Author:kokotonPAPA


ものずき、おっさん じいさん、わがままきまま、すきほうだい、しななきゃなおらない.

 kokotonPAPAのブログ  ホームページtop  メールtop



1.このblogで言う現代音楽

2.マーラー交響曲第5番 160CD
 (名盤・珍盤 聴き比べ)

カテゴリ
個人的お奨め度*
★   こんなもん?
★★  悪くないね
★★★ 最高です!
☆   +0.5
お友達ブログ
kokotonPAPAカウンター
unique-access