原子力って人間の手の内に入るのかな?

自分が技術屋である事も影響してか、原子力は必要技術と信じていた。CO2発生はゼロ。高効率発電。
次世代の自然環境発電(風力、太陽熱、等々)が熟成するまでは絶対に必要だと。

でも流石に考える。原子力以外は普通の物理現象を利用している。だから破壊が起きても、収束範囲は決まってくる。たとえ火力発電所が爆発しても、ダムが決壊しても・・・だ。火山が大噴火したとして同様の事が言える。

しかし、原子レベルの核反応は現行技術のコントロール能力を遥かに超える。そもそもが兵器開発から生まれた訳で、破壊する事だけを目的としたのだ。同じ兵器系でも情報伝達系の技術とは訳が違う。そしてその過酷さ故、核兵器さえ削減・撲滅へ向け各国が動いているのだ。

だから、「想定外」と言うレベルは見えない。自然現象の大災害は過去人類が何処かの時代で経験している。だから自然災害の想定はすれば良い。それによる原発自体の被害想定はない。それは「想定範疇の外=想定できない」と言う意味で存在する。そう、これはきっと人間が実用的に使ってはいけない技術なのだ。

とは言え、今即廃止で行けるのかは慎重を期す必要はある。火力発電はCO2排出で地球温暖化を進め、南の島々(国々)を水面下に没し消滅させてしまうかもしれない。自然環境発電は電力料金の高騰を招き、経済の沈滞化。ダムの増設は自然破壊を進めかねない。原発分の節電や、自然環境発電の増設だけで今の世界が我慢レベルで
成立するのか。等々。

ならば、今こそ自然環境発電に世界全体で技術革新を目指す時だろう。例えばハイブリッドや電気自動車が世に出たのは、世界のニーズが生んだ。
各国各社が超高効率の風力発電機や太陽光発電パネル、そして逐電技術、その他の開発に力を入れれば出来るはず。ニーズだ。

CO2も出ない、効率の高い発電、それを自然が持っているエネルギーの中から産み出そう。地球の自然エネルギーにもっと目を向けよう! 声を上げよう! もう破壊兵器技術を生産性に結びつけるのは終わりにしようと!

テーマ : 原発事故
ジャンル : ニュース

コメントの投稿

非公開コメント

わたしの彼は電気科卒で今は電力関係の仕事についてる根っからの電気大好き人間です。もちろん原発も必要なものだって主張して、反原発派のわたしといつも喧嘩寸前になってた程です(笑)頭がいい人、原子力に詳しい人程「原発は安全だ」っておっしゃいます。知識のない私の主張は感情論としてしか届かない。でもそんな彼も最近は原発への考え方が変わったみたいです。やっぱり人間の手で止められない力は使ってはいけないと。新しい発電システムが確立するまで長い時間がかかると思うけど、消費電力の大きいものを他のライフラインに移すなど、すぐにできる対策で国民全体で節電をしていけたらなって思います。

ですね!

まずは出来る事からスタートするのが行動に出ると言う事ですね。考える前に、出来る事から始めよう!
プロフィール

kokotonPAPA

Author:kokotonPAPA


ものずき、おっさん じいさん、わがままきまま、すきほうだい、しななきゃなおらない.

 kokotonPAPAのブログ  ホームページtop  メールtop



1.このblogで言う現代音楽
2.マーラー交響曲第5番 160CD
 (名盤・珍盤 聴き比べ)

カテゴリ
個人的お奨め度*
★   こんなもん?
★★  悪くないね
★★★ 最高です!
☆   +0.5
お友達ブログ
kokotonPAPAカウンター
unique-access