バイロイト音楽祭2017 ワーグナーの楽劇「ニュルンベルクのマイスタージンガー」を NHKプレミアムシアター で観る

今年のバイロイト音楽祭の初日を飾った『ニュルンベルクのマイスタージンガー, Die Meistersinger von Nürnberg』ですね。新演出となり、前衛でならすカタリーナ・ワーグナー(R.ワグナーの孫で音楽祭総監督ですね)からバリー・コスキーの演出になりました。

BayreutherFestspiele2017-DieMeistersingerVonNürnberg

演出
ユダヤ系演出家B.コスキーが持ち込んだのは二つ。①ワーグナーの反ユダヤ主義と②ワーグナー家族・知人関係を配役に当てはめています。そこにはワーグナーやリスト(ワーグナーの妻であるコジマの父です)達が現れます。デフォルメされた張りぼて頭や大風船のワグナーも現れ、その頭にはユダヤの帽子が被されています。そんなネガティヴ・テーマを自虐的に登場させる演出はバイロイトならでは?!
ラストはザックスのドイツ芸術を讃える歌の後、前奏曲をザックス演じるワーグナーが舞台上のダミーオケを指揮をして終わります。

舞台衣装
前奏曲でピアノから何人ものワーグナーが出てきます。第一幕はそのままワーグナー家「ヴァーンフリート荘, Villa Wahnfried」で聖カタリーナ教会ではありません。第二幕は草原(背景は第三幕)、第三幕は1945年のWWIIのニュルベルク裁判法廷で、戦勝国の国旗が見えます。
衣装はアヴァンギャルドさはなく、マイスタージンガーの時代背景的?です。

配役
それぞれがワーグナーと、取り巻く人物になぞらられています。(下記<出演>を参考下さい)
そっくりさんショーを除けば、まずは同じみヘルデンテノールのフォークト演じるヴァルターですよね。その伸び伸びとした軽やかなテノールの第三幕第五場「朝はバラ色に輝いて」は感動的です。
光ったのはポーグナー役グロイスベックと役得ザックスのフォレのバス-バリトンで、演技も合わせて楽しさいっぱいでした。ほぼ主役のミヒャエル・フォレは楽しませてくれましたね。
それにしてもリスト役のポーグナーを演じる、グロイスベックはリスト(の写真)そっくりw

音楽
P.ジョルダンの指揮はかなり抑え目に感じてしまいましたが、いかがでしょう。



全体としては、リストやワーグナーそっくりさん等々に面白さはあったものの、この楽劇に感じる4時間をゆうに超える長さは払拭できませんでした。

問題の香りがするドイツ・芸術を讃えるザックスを最後に浮き立たせる様に反ユダヤ舞台展開をしたり、エヴァが愛した2人(ザックスとヴァルター)を共にワグナーにしたりと刺激のある演出ではありました。もっと視覚的にもアヴァンギャルドさを期待してしまいますね、バイロイトですからw

ワグナー役のザックスが、憎まれ役ベックメッサーのユダヤ人指揮者レヴィをばかにした態度をとったり、本来の喜劇的演技はそのまま生かされて楽しめました。

ネットでの現地の印象、音楽と政治的背景の関連付けについての反応は様々な様です。




<出演>
ハンス・ザックス(靴屋):ミヒャエル・フォレ [Michael Volle]
 → 老ワーグナー
ファイト・ポーグナー(金細工師):ギュンター・グロイスベック [Günther Groissböck]
 → リスト
ジクストゥス・ベックメッサー(市役所の書記):ヨハネス・マルティン・クレンツレ [Johannes Martin Kränzle]
 → へルマン・レヴィ (指揮者Hermann Levi, 1882年パルジファル初演を振った)
  実はクレンツレもレーヴィ(の写真)にそっくり!!
ヴァルター・フォン・シュトルツィング(若い騎士):クラウス・フロリアン・フォークト [Klaus Florian Vogt]
 → 若きワーグナー
ダーヴィット(ザックスの従弟):ダニエル・ベーレ [Daniel Behle]
 → 前奏で現れたワーグナーの一人
エヴァ(ポーグナーの娘):アンネ・シュヴァーネヴィルムス [Anne Schwanewilms]
 → コジマ (ワグナーの奥さんで、リストの娘です)
マグダレーネ(エヴァの乳母):ヴィープケ・レームクール [Wiebke Lehmkuhl]
 → ポーグナー家の女中

<合 唱> バイロイト祝祭合唱団
<管弦楽> バイロイト祝祭管弦楽団
<指 揮> フィリップ・ジョルダン [Philippe Jordan]
<演 出> バリー・コスキー [Barrie Kosky]

収録:2017年7月25日 バイロイト祝祭劇場(ドイツ)

*例えば「barrie kosky Die Meistersinger」等で検索すると情報が色々出てきますね。

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kokotonPAPA

Author:kokotonPAPA


ものずき、おっさん じいさん、わがままきまま、すきほうだい、しななきゃなおらない.

 kokotonPAPAのブログ  ホームページtop  メールtop



1.このblogで言う現代音楽
2.マーラー交響曲第5番 160CD
 (名盤・珍盤 聴き比べ)

カテゴリ
個人的お奨め度*
★   こんなもん?
★★  悪くないね
★★★ 最高です!
☆   +0.5
お友達ブログ
kokotonPAPAカウンター
unique-access