FC2ブログ

デヴィッド・ラング(David Lang) の Child を聴く

米現代音楽家デヴィッド・ラング(David Lang, 1957/1/8 - )は、もちろんBang on a Can創設メンバーで代表作の2008年ピューリッツァー賞 音楽部門(Pulitzer Prize for Music) 受賞作『マッチ売りの少女の受難 The Little Match Girl Passion (2007年)』は以前インプレ済みですね。

ここでCDを3枚ほど続けてD.ラングをインプレしてみようと思います。まずは所有の中で一番古い「Child (2003年)」ですね。

五つの楽曲はラングの子供の頃からの思いでを元に、楽器編成の異なる室内楽になっているとの事。演奏はイタリアのアンサンブル:Sentieri Selvaggi* になりますね。
*楽器編成:flute(piccolo), clarinet(bass clarinet), piano, violin(brake drum), viola, cello(brake drum), vibraphpone(percussion), brake drum

Child / David Lang

1. My Very Empty Mouth, for flute, bass clarinet, piano, violin, viola and cello
 フィリップ・グラスを簡素化したような典型的なミニマルです。反復の中に機能話声的な旋律が隠れます。

2. Sweet Air, for flute, clarinet, piano violin and cello
 単純反復のミニマルですね。小音で優しい音色ですが、後半で民族音楽的なモード・リズムがわずかに感じられます。

3. Short Fall, for piccolo, piano, violin and cello
 不規則さを感じる拍子の小楽器編成のミニマルです。

4. Stick Figure, for clarinet, piano, percussion, cello and two non-percussionists
 細い音に打音の絡むミニマルですが、ミニマル感は弱いです。支配するのは細い音色の音階楽器で、これは一風変わったサウンドが感じられますね。とは言え曲を通しての変化が無い、薄いのは他の曲同様です。
 ★試しにYouTubeで観てみる?

5. Little Eye, for cello and four non-percussionists
 チェロ室内楽協奏曲ですが、チェロの反復にピアノの小音ポツリポツリと拍子を刻みます。このアルバムを通して感じる構成感ですが、全体の流れはフラット。悪く言えば退屈さを禁じえません。



ポストミニマル系や多様化したミニマルは面白いですが、これは個人的興味外の変化の無いミニマル音楽です。
全体を通して静的で美しいミニマルで、この美しさがわからないの?!! って言われるかもしれませんがw






テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kokotonPAPA

Author:kokotonPAPA
.
    




・2017年12月9日
音楽ブログに特化するためにタイトルを「現代音楽と酒の日々」から変更しました。





カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ようこそ
カテゴリ
ありがとう