ヘンツェ(Hans Werner Henze) の歌劇「バッカスの巫女」を聴く

独現代音楽家ハンス・ヴェルナー・ヘンツェ(Hans Werner Henze, 1926/7/1 - 2012/10/27) は前衛ではありませんが、ドイツ音楽界の重鎮であった事は間違いありませんね。
今まで交響曲を紹介したので、得意とする現代オペラの代表作「バッカスの巫女, Die Bassariden (1965年), 全四幕」です。

このブログのヘンツェ関連投稿記事

中期の作品で、より調性感が薄くなる時代になりますね。もちろん無調混沌の世界ではありません。

【超あらすじ】
酒神バッカス(以降"ディオニューソス")とその信仰を禁じようとするテーバイの王ペンテウスのギリシャ神話のお話です。
 ディオニューソスは、その巫女であるテーバイの女性達 王の母アガウェーらが彼の神性を認めない事に復讐を誓います。一方、テーバイの王ペンテウスは、ディオニューソスの狂乱と酩酊による快楽を追求する信仰を終わらせようとします。
王ペンテウスはよそ者(The Stranger)の助言で女装して、その狂乱の様子を見に行きます。ペンテウスは魔力の災いを受け、最後は巫女達とアガウェーに惨殺されてしまいます。アガウェーは、最後にそれがペンテウスである事を知らされます。

The Bassarids - Die Bassariden / Hans Werner Henze

 演奏はクラスターと効果音のコントラスト、歌は旋律が存在しますが音楽に順ずる、と言うメリハリの強い曲になりますね。合唱パートは例によって一部宗教音楽的な気配もあります。もちろん前衛ではありませんから、舞台があれば特別な違和感は無いでしょうね。
楽しめるのはソロや重唱パートで、表現力の強さがありますね。特徴的な美しい旋律こそ存在しませんが、音の跳躍等はなく先鋭さが光り、舞台を想像できます。演奏も強音パートでの上記の様なクラスター様相は打楽器が効果的に使われ現代音楽の楽しさがありますね。
幕毎の舞台設定を含めた解説(英文)と合わせて聴くとより楽しめます。特に第三幕二場以降は盛り上がりますね。^^

試しにYouTubeで観てみる?
 2015年11-12月ローマ歌劇場公演のヴェロニカ・シメオーニ(Veronica Simeoni)演じるアガウェーの強烈なクライマックスですね。現代的な演出です。ぜひ覗いて観て下さい




現代音楽のオペラで極端な前衛が少ないのは、人間の声に微分音や極端な特殊唱法を使いづらいからでしょうか。演奏も、それに倣え..的になりますね。人により、どの辺りまでが前衛かと言う感じ方もあるかもしれませんが、これは今の時代の歌劇です。一聴をおすすめしますね。
現在入手しやすいのは右のORFEO盤(1966年のMONO録音)ですが、音はそれほど悪くなく楽しめると思います。(音楽よりも音を重視される方は別ですね)



テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kokotonPAPA

Author:kokotonPAPA


ものずき、おっさん じいさん、わがままきまま、すきほうだい、しななきゃなおらない.

 kokotonPAPAのブログ  ホームページtop  メールtop



1.このblogで言う現代音楽
2.マーラー交響曲第5番 160CD
 (名盤・珍盤 聴き比べ)

カテゴリ
個人的お奨め度*
★   こんなもん?
★★  悪くないね
★★★ 最高です!
☆   +0.5
お友達ブログ
kokotonPAPAカウンター
unique-access