ジャチント・シェルシ(Giacinto Scelsi) の Collection vol.2 を聴く

久しぶりにジャチント・シェルシ(Giacinto Scelsi, 1905/1/8 - 1988/8/9) です。楽風やらトサッティとの関係等々は今までに紹介済みですね。

このブログのシェルシの投稿記事

このシリーズアルバムのvol.2は声楽を含む室内楽になりますね。年代は広く、初期の1930年から倍音を聴き込む1950年代を経て、スタイルの確立した1974年までととても興味深いですね。

Collection vol.2 / Giacinto Scelsi

1. Pranam II (1973年) for ensemble
 Ensemble - Ensemble 2e2m, Organ – Livia Mazzanti
楽風が安定してからの曲で、ロングトーンにノイズで構成音の響きを聴かせます。今の時代の空間音響系音楽ですね。スペクトル楽派の雄ミュライユとグリゼーがシェルシに会ったのもこの頃ですね。

2. To The Master (1974年) for cello and piano
 Cello – Carlo Teodoro, Piano – Aldo Orvieto
チェリストの Victoria Parr とのコラボ作品で、以前も紹介しています。民族音楽的な旋律を奏でるチェロと、単音点描の旋律で時にチェロ旋律を追うような深淵なピアノとのデュオ曲です。両者は対位的なのか、ピアノがオブリガートなのか微妙です。いずれオリジナリティが高く、似た曲が浮かびませんね。とても興味深い曲です!

 ★試しにYouTubeで観てみる?
  時間から言って1/2でしょう。途中7'くらいに全給符がありますから。


3. Wo Ma (1960年) for bass voice
 Bass Vocals – Nicholas Isherwood
バスの声楽で旋律らしきものはあります。またホーミーの様な声が使われ、鐘の音が3回入ります。テキストはイタリア語とドイツ語だそうですが、文脈が感じられず内容の記述がありませんね。isolated letters とあるので独立した単語群かも...

4. Rotativa (1930年) for two pianos, percussion ensemble
 Conductor – Marco Angius, Ensemble – Ars Ludi Ensemble, Piano – Cristina Biagini, Marco Marzocchi
シェルシ25歳の作品です。この時代の潮流である十二音技法でも音列的でもありません。pfの和音を連打する構成でリズム感もしっかりあります。ストラヴィンスキーの様な動機も感じられますね。習作的ですが、面白いです。

5. Trio (1950年) for vibraphone, marmba and percussion
 Ensemble – Musicateatroensemble
シェルシが倍音やうなりを生む周波数と言う独自性に視線を合わせ始めた'50年代の曲ですね。打楽器曲で、鍵盤打楽器が単音音列的な音を並べ、それに呼応する様に打楽器が入ります。チンドン屋さんのチンドン太鼓の様な音楽です。(以前も書いた様なw)

6. Preghiera Per Un'Ombra (1954年) for clarinet in B flat
 Clarinet – Véronique Fèvre
同じ様な音の繰り返しの旋律をループの様につなぐ流れです。独特な音色で倍音系なのでしょう、シェルシの特徴が出始めた時代ですね。

7. Chukrum (1963年) for string orchestra
 Conductor – Luca Pfaff, Orchestra – Orchestra Di Roma E Del Lazio
弦楽オーケストラですが、ノイズ系音楽ですからギロギロギ〜です。ただシェルシが違うのは、その中にロングトーンのうねる様な響きを入れている事でしょうね。そのバランスが特徴的で、とても面白いです。

 ★試しにYouTubeで聴いてみる?



シェルシの年代による変遷がよくわかるアルバムで楽しいですね。特に'30年台の十二音技法前の曲が聴けるのは嬉しいです。


テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kokotonPAPA

Author:kokotonPAPA


ものずき、おっさん じいさん、わがままきまま、すきほうだい、しななきゃなおらない.

 kokotonPAPAのブログ  ホームページtop  メールtop



1.このblogで言う現代音楽
2.マーラー交響曲第5番 160CD
 (名盤・珍盤 聴き比べ)

カテゴリ
個人的お奨め度*
★   こんなもん?
★★  悪くないね
★★★ 最高です!
☆   +0.5
お友達ブログ
kokotonPAPAカウンター
unique-access