2017年5月18日 サロネン/フィルハーモニア管 の マーラー交響曲 第6番「悲劇的」at 東京オペラシティ ★★★

エサ=ペッカ・サロネン(Esa-Pekka Salonen) / フィルハーモニア管弦楽団は、2015年3月6日「火の鳥」が良かったので期待大でした。(フィルハーモニア管の諸々の点についてここで触れる必要はありませんね)

 20170518_TokyoOperaCity.jpg 20170518_Salonen.jpg

もちろんメインはマーラー6番ですが、2015年に楽譜が見つかり 昨年世界初演されたストラヴィンスキーの「葬送の歌, Funeral Song」も嬉しいですね。



ストラヴィンスキー葬送の歌 Op.5 (1908年) [日本初演]
 「火の鳥」の1年前の作品ですね。12分ほどの小曲で暗め。火の鳥に似た感があり、前半の弦のトレモロと管楽器が王子登場に、後半はカスチェイと悪党を連想しました。
サロネンは拍手を受けた時に、初演のゲルギエフにならってかスコアを掲げましたね。

106年ぶりに楽譜が発見され、2016年12月2日に世界初演された話はこちらから


マーラー交響曲 第6番 イ短調 《悲劇的》
 ライブならではの興奮とパワーの素晴らしい演奏でした。コンサートで聴きたいのは形通りの好演ではなく、暴れる様な乱れも包括する情熱漲る演奏ですね。

第一楽章は、提示部出だしの緩いテンポと怪しい管楽器を聴いた時はヤバイと思いましたw
ところが提示部の反復で一転、行進曲の第一主題で勇壮壮大さを見せ、続く流れに乗ったアルマの主題(第二主題)でも大きな流れを作りました。強音パートは多少の乱れも情熱となり、走るパートは駆け抜ける迫力となりました。ここから本領発揮でしたね。
第二楽章はスケルツォでした。主部は第一楽章再現部からの情熱溢れる流れをとり、トリオでは一転して優美さを前面にしてメヌエットの様です。
第三楽章は、見事に緩徐楽章の流れを作りましたね。第一主題は穏やかに各楽器で引継がれ、第二主題の流れも哀しみよりも優しさを感じました。とは言え、中間部の山場では迫力が波の様でした。
第四楽章はこの日の白眉でしょう。30分はあるこの楽章がこんなに短く感じたのは初めてでした。中でも素晴らしかったのは、この曲で一番厄介な展開部でした。炸裂するパワーがオケとホールに響き渡りましたね。サロネンはその前の提示部最後で右を向いた際に笑みを見せました。なんだっのでしょう?!。
この楽章は溢れるパワーに浸りました。もちろんラストの一撃は約束の衝撃で、ティンパニーと弦のピチカートも明瞭でした。
ちなみにハンマーは標準的な展開部二発でしたね。



物足りなさが残ったとすれば、静音スローパートが哀しみよりも優しさだった事でしょうか。もしそこが冷たい哀しみだったら凄い名演だったかもしれません。(個人的好みの問題ですがw)
でも、それを差し引いても指折りの素晴らしいマーラー6番だったでしょう




テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kokotonPAPA

Author:kokotonPAPA


ものずき、おっさん じいさん、わがままきまま.

 kokotonPAPAのブログ  ホームページtop  メールtop


ご案内
カテゴリ
お友達ブログ
kokotonPAPAカウンター
unique-access