シェーンベルクの 浄夜 (Verklarte Nacht) を 個性派で聴き比べ:アルデッティ、ストコフスキー、マデルナ

言わずと知れたアルノルト・シェーンベルク(Arnold Schönberg, 1874/9/13 - 1951/7/13)の初期、後期ロマン派時代の名曲「浄夜」(浄められた夜, Verklärte Nacht Op.4) です。

原作は独詩人リヒャルト・デーメル(Richard Dehmel)の同名の「精神的・形而上学的なエロスによる救済願望」を表す詩で、単一楽章5パートからなっています。
半音階技法や不規則な楽節(小節)が用いられている様ですが情感的で美しい後期ロマン派作品に違いなく、その後の無調〜十二音技法に至る現代前衛音楽を切り開く気配は見えませんね。

コンサートでもよく演奏されますし、今までも超有名盤のカラヤンとラサール そして好きなツェートマイアー(Thomas Zehetmair)を紹介しています。
他にも所有CDはありますが、ここは三人の個性派を揃えて聴き比べて見ましょう。



アルデッティ四重奏団
前衛現代音楽四重奏団の雄 アーヴィン・アルデッティ(Irvine Arditti)率いる Arditti Quartetによる演奏です。弦楽六重奏曲なので+2名(ヴィオラ、チェロ)を入れています。
 美しさよりも濃厚で刺激的なエロスを感じます。そういう意味ではこの後の作品「ペレアスとメリザンド」に似た気配を感じさせてくれる演奏です。(特にパート3までは) 各弦楽器が個別の表情を強く現していて、そこにディナーミクとアゴーギク振られています。感情の起伏が強く ストーリー性を感じる演奏ですね。
美しいパート4でも、オーケストラver.(例えばカラヤンBPO)の様な甘美さは全くありません。硬派の演奏です。


ストコフスキー
w/ レオポルド・ストコフスキー交響楽団
米で活躍した個性派指揮者ストコフスキーによるオケ編成、1957年演奏です。実は弦楽合奏版ではなく、弦楽六重奏曲をストコフスキーが編曲したver.になります。(録音当時はヒューストン響の指揮者) ストコフスキーは数多くの米国初演をこなし、また独自の編曲版を作っていますね。
このCDがamazonで見つからないのが不思議ですが、古い事と新星堂企画盤だからでしょうか。
VerklarteNacht-LeopoldStokowski.jpg
 全体の流れに不自然さは全くなく、スットコストコフスキー節は感じられません。細かなヴィブラート等のほどはよくわかりませんが、クセのある響きはありませんね。パート4からの美しさもナチュラルで、例えばマーラー5のアダージェットの様な甘美さではありません。素晴らしいのはパート5、入りからラストに向けての持って行き方ですね。澄んだ美しさにグッときます
編曲も含めてあまりにスマートな展開が意外ですが、"どうだ参ったか!!?" の裏をかかれたという意味では流石のストコフスキーですw 古い録音ですが音は悪くありません。(録音に関してストコフスキーは先見性がありましたね)


マデルナ
w/ Sinfonieorchester des Südwestfunks Baden-Baden
個性派指揮者といえば、このブログではお馴染み ブルーノ・マデルナ(Bruno Maderna, 1920/4/21 - 1973/11/13)でしょう。現代音楽家としても活躍は素晴らしく、kokotonPAPAご贔屓の音楽家です。指揮はシェルヘンに師事しているので強烈です。
レア盤なので入手は難しいかも知れませんね。「ペレアスとメリザンド」他もカップリングされたシェーンベルク曲2CDですからマデルナ・ファンなら必携?! ただし1960年mono録音で、音はARKADIAですから劣悪w
VerklarteNacht-BrunoMaderna-ARKADIA.jpg
 強烈に濃い味です。例によってアゴーギクとディナーミクは強烈。ただ音の強弱だけでなく、そこに微妙なアゴーギクを入れ込み感情の爆発を見せてくれます。静的パートは緩やかに、テンポアップして強音パートは揺さぶり強く、息つく暇を与えません。
それでもパート4〜5で見せる美しさは、この曲の持つ後期ロマン派譜面のなせる技でしょう。激情と静的美しさのバランス、その強烈なコントラストがマデルナですね



個性派の演奏は面白いですね。感情が剥き出しの様なアルデッティ、予想を裏切る展開の独自編曲ストコフスキー、極端な揺さぶりのマデルナ。
刺激的なアルデッティも大好きですが、個人的には何と言ってもマデルナの醸し出す強烈な激情さですね。



テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kokotonPAPA

Author:kokotonPAPA


ものずき、おっさん じいさん、わがままきまま、すきほうだい、しななきゃなおらない.

 kokotonPAPAのブログ  ホームページtop  メールtop



1.このblogで言う現代音楽
2.マーラー交響曲第5番 150CD
 (名盤・珍盤 聴き比べ)

カテゴリ
個人的お奨め度*
★   こんなもん?
★★  悪くないね
★★★ 最高です!
☆   +0.5
お友達ブログ
kokotonPAPAカウンター
unique-access