カイヤ・サーリアホ(Kaija Saariaho) の Let The Wind Speak を聴く

このブログでもお馴染みの女性現代音楽家、カイヤ・サーリアホ(Kaija Saariaho, 1952/10/14 - )は、フィンランドらしからぬ欧エクスペリメンタリズム系ですね。(過去記事で紹介済みです)

2015年来日時のカリ・クリーク(fl)によるフルート協奏曲は印象深かったですね。フルート現代曲は彼女の得意とする分野であり、このアルバムも1982年コラボから付合いの長いカミラ・ホイテンガ(Camilla Hoitenga, fl)をフィーチャーしたフルート曲集になります。

他演奏者は楽曲により以下のメンバーです。
 アンッシ・カルットゥネン,Anssi Karttunen (cello) - 2, 8, 9, 11
 ダニエル・ベルチャー,Daniel Belcher (bariton) - 4, 5, 6
 エロイーズ・ドトリー,Héloïse Dautry (harp) - 1
 ダ・カメラ・オブ・ヒューストン,Da Camera of Houston - 4, 5, 6

Let The Wind Speak / Kaija Saariaho

01. Tocar (2010年)
ハープとのデュオですね。独特な和声、日本的?、を感じる曲で旋律が存在します。特殊奏法は感じませんが、フルート:主、ハープ:従 の関係が成立ち、フルートは和笛の様に流れてハープはオブリガート的です。

02. Mirrors I (1997年)
パートI, II, III が分割されて収録されているチェロとのデュオです。ここでも近年につながるサーリアホらしさが明確ですね。旋律の存在(フルート)と伴奏(チェロ)、そのせめぎ合いです。ややノイズ風でチェロはグリッサンドを多用します。

03. Couleurs du vent (1998年)
フルートのソロです。旋律は01ほど民族和声ではありませんが、その方向性です。ここでも実は伴奏があり、ホイテンガの吹きながらの呟きが入ります。テクニカルでスピード感と鋭利性が感じられますね。

04-06. Sombre: I - Canto CXVIII, Sombre: II - Canto CXX, Sombre: III - Fragment (2012年)
バリトンとアンサンブル(ダブルベース, ハープ, パーカッション)、そしてバス・フルートの曲で世界初録音。Da Camera Society of Houston 委嘱作品になります。Textは米詩人エズラ・パウンド(Ezra Pound)のCantosからになり、このアルバムでは最近年曲です。
音の響を生かした音響系で今のサーリアホらしい楽曲です。旋律と主従の関係から、空間音響系に推移しています。ドローン音に支配される様な単純な響ではなく、旋律と各楽器の音色や響の組合せで成立させていますね。とても興味深いサウンドです。
奏法や歌詞はこちらから確認する事ができます。(チェスター出版社のサンプルpdfです)

 ★試しにYouTubeで観てみる?
  2013年2月24日の世界初演の様子です。演奏はもちろんDa Camera of Houstonですね。


07. Dolce tormento (2004年)
フルートのソロでここでも呟きが入ります。旋律はより機能調性感が強まります。

08. Mirrors III (1997年)
part II の前に III がきます。基本スタンスは02の I と同じです。

09. Oi Kuu (1990年)
チェロとのデュオです。"Mirrors"との相違は電子処理がある事でしょう。その分音響系音楽であり、面白さは伝わりますね。

10. Laconisme de l'aile (1982年)
フルートのソロで、ここでも呟き語りありです。なにやら特殊奏法が入っていますが、旋律は機能調性的で透明感のある先鋭的幻想美です。

11. Mirrors II (1997年)
Mirrors の II です。同じ曲想になりますね。デュオでライヴ受けしそうな楽曲です。



近年に至るこの年代間のサーリアホの楽風変化、エレクトロニクス - 旋律と主従 - 空閑音響、が味わえますね。そして彼女が得意とするフルートで、メインは2012年の "Sombre I, II, III" でしょう。


このブログのサーリアホ関連投稿記事



テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kokotonPAPA

Author:kokotonPAPA


ものずき、おっさん じいさん、わがままきまま.

 kokotonPAPAのブログ  ホームページtop  メールtop


ご案内
カテゴリ
お友達ブログ
kokotonPAPAカウンター
unique-access