ドメック(DOMECQ)のシェリー酒 フィノ(Fino)を飲む

ちょっとお楽しみで飲んでいるシェリー酒。大きく分けて三種類あることは前回のロマテのイベリアで勉強済みw
今回は一番ドライのビノ・ヘネロソからフィノを選んでみました。

DOMECQ-Sherry-Fino.jpg
DOMECQ Bodegas(ドメック ボデガス)社のビノ・ヘネロソ、FINO(フィノ)です。パロミノ種のドライですね。ドメックではブランデーを加えてアメリカン・オーク樽で3年熟成しているそうです。

甘みを排除した食前酒向きで、色はウィスキーを思わせるような琥珀色。白ワインにシェリー醸造特有のフロールに由来する熟成のバランスでしょうか、酸味とシェリー酒の香りでシャキッとした味わいです。変化球的白ワインといったら通じるかな。
今まで飲んだ二酒(モスカテル, クリーム)は甘口でナイトキャップ向きでしたが、これなら食中酒として楽しめます。


ただ個人的にはシェリー酒は甘口濃厚系が楽しく、次は当然ペドロ・ヒメネスと言う事になりますね。

テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kokotonPAPA

Author:kokotonPAPA


ものずき、おっさん じいさん、わがままきまま.

 kokotonPAPAのブログ  ホームページtop  メールtop


ご案内
カテゴリ
お友達ブログ
kokotonPAPAカウンター
unique-access