2016年12月14日 ヤクブ・フルシャ/都響のマーラー交響曲第1番「巨人」at サントリーホール ★★☆

いよいよ寒くなってきた六本木へ。どうにか晴れたのは嬉しいですが、寒いですね。
20161214_SuntoryHall.jpg

マーラーというと、このブログでは5番の150CD聴き比べや6,9番と言う事になるのですが、あまり聴かないのが8番と並ぶ1番「巨人 Titan」ですね。(ちなみに好きなのは3番・7番です)
特に好きな演奏(CD)はないので、今回はジンマン/トーンハレ管で数回聴いてきました。

「第821回 定期演奏会Bシリーズ」は指揮者、ソリスト、そして作曲者をチェコ人(生まれ)で揃えましたね。



マーラー:交響曲第1番 ニ長調 《巨人》
 音の厚みと迫力を生かした演奏で楽しませてくれました。薄く暗いパートに欠ける感じがしましたがそれを補ったでしょう。フルシャ(Jakub Hrůša)と都響の息が合った素晴らしい演奏でしたね。

 第一楽章冒頭の下降動機からの序章は穏やかに出ました。チェロからの第一主題、管の似た第二主題は強さを感じる流れ、もう少し牧歌的な感じが欲しかった気もします。展開部では静的暗転の後に明るさが戻り、ラスト山場は華やかさよりも迫力。短い再現部(コーダ?)もその流れからビシッと決まりました。ここで強音パートの良さに気が付きましたね。
 第二楽章は第一楽章引き継ぐような重厚さでスケルツォらしい優美さには欠けるのですが、これもあり。弦のレントラーも同様の美しさがありますね。
 第三楽章、問題の(笑)「グーチョキパーで何作ろう」短調フーガ版です。暗く薄い陰影さは弱く、ティンパニの下降動機の行進曲的印象も薄いです。情感強めのトリオ後の主部回帰も音は厚めで変化を強く掛けました。
 第四楽章、この演奏パターンが生きて激しい序章の後の第一主題は迫力がはまり、続く第二主題は影ある優美さよりも感情こもった展開です。展開部はもちろん激情的、山場は見事。再現部はマーラーらしい各主題や動機が入り乱れる展開ですが、ここがややはっきりしませんでした。見事な終盤の山場から続くコーダ、ここが白眉でした。長いのでダレる事も多々あるのですが、ゾクゾクする様なパワー漲る流れでラストを盛り上げて終了しました。
コンサート向きの曲ですから当然の拍手喝采なのですが、それを上回るモノがありましたね。


ちなみに興味の薄い前半の印象は以下でした。ドヴォルザークの協奏曲だとチェロの印象が強いですよね。
ドヴォルザーク:ヴァイオリン協奏曲 イ短調 op.53 B.108
 ヴァイオリンのヨゼフ・シュパチェク(Josef Špaček)は確かにヴィルトゥオーゾ性を見せましたが特に個性はかんじませんでしたね。
しかし驚いたのはアンコールのイザイでした。繊細さから野性味のある音色まで聴かせました。彼はコンチェルトよりソロ曲向きですね。


残念ながら曲の構成等は理解していないので、内容はインプレしようがありません。眠さをこらえるのが...(汗)



マーラー1番の一つの楽しいパターンか明瞭に味わえましたね。フルシャの指揮は、パワー系の楽しさでしょうか。そのパワープレーを支えたのは都響の揃いの良い演奏、特に管楽器、なのは違いありません。
これからフルシャ/都響が楽しみですね。
近年の都響の演奏は充実感がありますね。
^^v


テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kokotonPAPA

Author:kokotonPAPA


ものずき、おっさん じいさん、わがままきまま、すきほうだい、しななきゃなおらない.

 kokotonPAPAのブログ  ホームページtop  メールtop



1.このblogで言う現代音楽
2.マーラー交響曲第5番 150CD
 (名盤・珍盤 聴き比べ)

カテゴリ
個人的お奨め度*
★   こんなもん?
★★  悪くないね
★★★ 最高です!
☆   +0.5
お友達ブログ
kokotonPAPAカウンター
unique-access