2016年11月25日 ダニエル・ハーディング/パリ管弦楽団のマーラー交響曲第5番 at 東京芸術劇場 ★

昨日の東京は11月の雪で参りましたが、やっと穏やかに晴れましたね。体調は万全とは言いづらいですが、池袋まで行ってきました。
 20161125_Tokyo-Metropolitan-Theatre01.jpg 20161125_Tokyo-Metropolitan-Theatre02.jpg

マーラー5番は今までに150枚のCD聴き比べをしているコンサート・ターゲット曲ですから逃せませんね。
しかし微妙な組合せです。あまり好みの演奏に当たったことがないD.ハーディング(Daniel Harding)と、フランス音楽の方が良いイメージのパリ管(Orchestre de Paris)です。
ハーディングのマーラー5番は2011年6月に新日フィルで聴いていますが、特に頭一つ抜けたものは感じられませんでした。最近で言うなら、今年1月のブリテンの戦争レクイエムは今ひとつ。パリ管音楽監督就任のお披露目ならフランス曲の方が…なんてちょっと思いましたが。
さて結果はいかに…



マーラー/交響曲第5番 嬰ハ短調
 いろいろな意味で予想を超える演奏でした。悪い方は管楽器の揃いの悪さや音の乱れ。興味を惹かれたのはハーディングらしからぬ妙なアゴーギク。
ライヴもCDも数多く聴いている曲ですがコンサートでこれだけ変わったのは初めてでしたね。


 第一楽章のファンファーレはスロー、続く葬送行進曲もスローで不思議なアゴーギクですが重厚ではありません。始めは この辺りがパリ管かなと思う興味深い入りでした。第二主題の展開もいきなりテンポアップでもなく穏やかな変化。
ところが第二楽章。第一主題が速く管楽器の揃いに乱れがあり、第二主題からは妙なアゴーギクと何だか怪しげな管楽器が目立ち、ラスト山場はバタバタ。なんか変だな⁈の第一部です。
実は第三楽章がこの日の白眉w、とにかく妙なアゴーギクを振ります。スケルツォからレントラーへ、そして第2トリオ以降も怪しげで揃いの微妙な管楽器と合わせて目が離せません。近年のマーラー5では一番妙な揺さぶりの第三楽章です。
第四楽章アダージェットは一転極普通。少し音が厚めなくらいでしょうか。こうなると中途半端は面白くありませんw
第五楽章もクセは少なかったのですが演奏は微妙。展開部山場の後の静音パートではまたもや不思議なアゴーギクに怪しげな音。しかし最大の驚きは最後に待っていました。再現部山場からコーダは見事な切れ味大迫力でビシッとまとめ、ラストのアッチェレランドは素晴らしい切れ上がりでフィニッシュしました。
拍手喝采大ブラボーです。この曲はどんなコンサートでもこうなるように出来ていますが、皆さんどう言う意味だったのでしょう。


ちなみに前半のメンデルスゾーンも事前に5CD聴き比べてから行きましたが、普段聴く曲ではないので簡単にw

メンデルスゾーン/ヴァイオリン協奏曲 ホ短調 op.64
 ヴァイオリンのジョシュア・ベル(Joshua Bell)の音色の甘さがオケのドイツ風押し出しの良さと不思議なマッチを見せました。穏やかな空気の緩いコンチェルトでしたね。

 第一楽章第一主題は甘い音で驚きました。オケは締りのあるディナーミクなのですが、第二主題もおなじですね。カデンツァはそういうわけでグイグイではありません。
第二楽章主題は緩徐楽章らしさをスローで展開したのでもろに甘美トロトロ。
第三楽章の軽快さは悪くなかったですね。




とにかく摩訶不思議なハーディングのマーラー5番。5年前の同曲演奏とは別人の楽風です。怪しげな管楽器で期待はずれのパリ管ですが、変な演奏で余計面白かったかもw
まともじゃないのは確かですが、楽しんじゃいました。



テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kokotonPAPA

Author:kokotonPAPA


ものずき、おっさん じいさん、わがままきまま、すきほうだい、しななきゃなおらない.

 kokotonPAPAのブログ  ホームページtop  メールtop



1.このblogで言う現代音楽
2.マーラー交響曲第5番 160CD
 (名盤・珍盤 聴き比べ)

カテゴリ
個人的お奨め度*
★   こんなもん?
★★  悪くないね
★★★ 最高です!
☆   +0.5
お友達ブログ
kokotonPAPAカウンター
unique-access