2016年9月20日 インバル/都響 のモーツァルト・ヴァイオリン協奏曲第3番、ショスタコーヴィチ交響曲第8番 at サントリーホール ★★

台風16号と一緒に六本木へw
でも帰り道はけっこう雨風おさまっていましたね。
 20160920_suntoryhall-01.jpg 20160920_suntoryhall-02.jpg

インバル80歳記念/都響デビュー25周年記念の第815回定期演奏会Bですが、微妙な組合せになりました。

モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲第3番 ト長調 K.216
 事前にクレーメルとムターで聴き比べしてきました。
ディナーミクを効かせながらも瀟洒洒脱なインバル/都響の演奏に、繊細かつ表情のあるオーギュスタン・デュメイのvn。デュメイはカデンツァでその鳴りの良い音を聴かせてくれましたね。

普段はまず聴かない古典のモーツァルトですが、胃もたれのしない古典らしい演奏ではなかったでしょうか。特徴的には薄かったのかな。
気になったのは、デュメイのヴィブラートが強かった事でしょう。


ショスタコーヴィチ:交響曲第8番 ハ短調 op.65
 こちらも事前にコンドラシンとゲルギエフで聴き比べてきました。
第一楽章の序章から各主題は迫力抑え目で透明感と哀しみを感じました。展開部での静から激の変化では地響きのごとくの迫力が見事、そして静的にチェンジする再現部の流れの中の一筋の光明は弱く暗く。第二楽章のショスタコらしい和声は、切れ味と素晴らしい迫力が制しました。
第三楽章は躍動感溢れるリズムが見事でしたね。第四楽章の暗い流れから、最終楽章はコントラストを生かしてラストを何かを残すかの様に静かに納めました。

後半三楽章だけでなく、インバルは第一第二楽章もアタッカで繋げましたね。
個人的には第二、第三楽章の素晴らしさを買いますが、第一楽章の再現部や第四楽章の暗さに一工夫欲しかった気がします。

・・・・・

ショスタコーヴィチの8番は全体としてかなり良かったですよね。個人的には暗くスローなパートの色付けが明確ななら★★★でした。
都響の演奏は二曲とも冴えていました。インバルはマーラーよりもショスタコーヴィチの方が好きかもw



テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

インバルの8番

こんにちは。
カム=ラハティのシベリウス以来ですがお邪魔します。

kokotonPAPAさんのブログは膨大な知識と経験による造詣の深さと精力的な更新にいつも感心しております。
と言ってもぼくの理解力ではいくらも読み取れないのですが(笑)


この演奏会行きました。
何しろショスタコの8番は多分お気に入りトップのシンフォニーなので、期待と不安が交錯していましたが、冒頭の低弦の実在感の有る音色を聴いて今日は期待できると思いました。
基本的に早めのテンポで、ぼくの好みとしては第1楽章やラルゴはもう少し巨大に、あるいは重々しくやって欲しいのですが、楽器の音が意味深く、迫力も凄絶でした。
アタッカで入った第2楽章はすごいテンポで鮮やかでしたが都響も見事に応えていましたね。
しかし何と言っても驚いたのは第3楽章で、冒頭のヴィオラのダウンボウには誰もが唖然としたのではないでしょうか。
しかもあのものすごいスピードで弾かせたのは異常な表現で、今まで聴いたどの演奏よりも強く狂気を感じさせました。
インバルは最初に聴いたブルックナーの第1稿のイメージがあって比較的淡泊な指揮者だと思っていたのですが、全く一筋縄ではゆかないことを思い知らされました。
終演後オケのメンバーが帰ってからも鳴り止まぬ拍手に応えて指揮者が登場しましたが、誠にそれだけの感銘を聴衆に与えたと思います。

という訳で全体に大変鮮烈で印象深いコンサートでしたが、第1楽章再現部の表現やラルゴの流れがもう少し別のものがあればなぁ、と思ったのですが、kokotonPAPAさんと大変よく似たインプレッションだったようですね。

それにしても日本でこんな曲がこのレベルで演奏され、聴衆が熱く応えるというような時代になるとは、感無量です。

Re:インバルの8番

あのまりさん、こんばんは。
お久しぶりです。私はショスタコーヴィチにはさほど詳しくないので控えめに書きましたが、かなりの好演だったのはわかりました。記事的にはコメントいただいた内容の方が的確で勝っていますね。^^ゞ
インバルのイメージは中庸、ほどほどという感じを持っていましたが、この演奏は違いましたね。
私の方は次回コンサートは少し間が空いて、11/19(土)の大野和士/都響のダブル・ペレアスとメリザンドになります。

あのまりさんのブログの記事が増える事を期待しています。^^/
実は私もAllan Petterssonには一時期ハマった事があります。その内にインプレしようと思っていますが、何せ曲者ですからねぇ。
プロフィール

kokotonPAPA

Author:kokotonPAPA


ものずき、おっさん じいさん、わがままきまま、すきほうだい、しななきゃなおらない.

 kokotonPAPAのブログ  ホームページtop  メールtop



1.このblogで言う現代音楽
2.マーラー交響曲第5番 160CD
 (名盤・珍盤 聴き比べ)

カテゴリ
個人的お奨め度*
★   こんなもん?
★★  悪くないね
★★★ 最高です!
☆   +0.5
お友達ブログ
kokotonPAPAカウンター
unique-access