津軽の吟 純米吟醸酒 を飲む

いよいよ東京も梅雨明けです! 纏わりつく様な鬱陶しい梅雨のトンネルからやっと抜けた感じですね。
そんな日は、お気に入りの津軽のお酒をいただきましょう。(と言いながら、今回は三本ともに初めてのお酒です ^^v)

津軽の吟 菊乃井 純米吟醸酒
 青森県 黒石市 鳴海醸造
 津軽の吟 菊乃井 純米吟醸酒
美味しいお酒です。今風の軽さではなく適度な濃さ、まさに吟醸、のフルーティな香りと口当たりを残しながらシャキッとしまった味わいです。青森の酒米「華想い」らしいお酒でしょう。これは好きなタイプです。

アルコール度 15~16度、日本酒度+1、酸度1.35、アミノ酸1.50、精米歩合50%、青森県産米「華想い」を100%使用し、50%まで精米して低温発酵した酒。まさにそんな感じですね。

純米吟醸でアミノ酸度が1.50というのが心地よい濃さの印象とピッタリ…かなw
津軽のお酒らしい美味しさを堪能できました。

テーマ : 日本酒
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kokotonPAPA

Author:kokotonPAPA
.
kokotonPAPAのブログ  ホームページtop  メールtop




・2017年12月9日
音楽ブログに特化するためにタイトルを「現代音楽と酒の日々」から変更しました。

ご案内
カテゴリ
お友達ブログ
kokotonPAPAカウンター
unique-access