2016年7月25日 アラン・ギルバート/都響 のマーラー交響曲第5番 at サントリーホール ★★★


今日(都響定期B)はコンサートでよく聴きに行く曲No.1のマーラーの第5番です。前回は一ヶ月前のカンブルラン/読響、会場は同じサントリーホールでした。
 20160725-SuntoryHall-karajanhiroba.jpg 20160725-SuntoryHall-AlanGilbert.jpg

このコンサートを前にマーラー5番のCDを10枚聴き比べ(Total:150CD)してきましたが、実はアラン・ギルバートはまだ録音を残していません。(アダージェットのみあり)
ギルバートは特別マーラー振りというわけではありませんね。でも特別な感じがするのは現ニューヨークフィル(NYP)常任指揮者だからでしょう。ちなみに手兵NYPとのマーラー5番はニコニコ動画で見ることができます。(*下記インプレあり) 母親で第一ヴァイオリンの建部洋子さんも映りますね。
実はこれでギルバートの方向性はわかったと思いましたが...

マーラー:交響曲第5番 嬰ハ短調
 cbが刻むリズムを生かした特徴的な葬送行進曲、迫力と情熱漲る第二主題、出し入れを効かせた第一楽章。第二楽章も感情迸るダイナミックさと弱音スローの対比が見事な演奏でした。
第三楽章は速めでリズミカルなスケルツォとまさにワルツのレントラー、第2トリオ以降もスピード感に情熱溢れる強音パートとスローな静音パートのコントラストが飽きさせませんでしたね。hrの弱点は目を瞑りますw
第四楽章は速めでアゴーギクとディナーミクの強いダイナミックさ。珍しいアダージェットです。
最終楽章も速め、一二主題を力感強く絡めながら登ります。中間部とラストの山場でパワーを集結させ、最後はハイスピードで迫力のコーダから見事なアッチェレランドで締めくくりました。
・・・・・
事前に聴いたNYPとのライヴ(下記)からの変化が凄い。真面目な指揮者と手堅いオケの正統派マーラー5番かと思ったら、コントラストの強い爆裂 感情溢れる素晴らしい演奏でした。
コンサートならではの漲る情熱が味わえ、近年のマラ5では最高でしょう。


こういうコンサートの後は気持ち良く帰途につけますね。
ただ各楽章ともメリハリ強いコンサート向きな演奏だったのは確かで、録音で聴いたらどうなのかは気になる処です。


[P.S.]
*ギルバート/NYP (ライプツィヒ・ゲヴァントハウス、マーラーフェス2011年5月23日)
緩やかな第一楽章葬送行進曲、キレある第二主題の第一楽章。第二楽章も重厚さよりもキレとスマートさ。第三楽章は牧歌調のスケルツォと美しいレントラー、第2トリオ以降も正統派の流れです。第四楽章アダージェットは透明感高く、でも甘美さは適度な流れです。コーダは力が入り過ぎw 最終楽章は両主題を気持ち良く折り重ねながら上り、ラスト山場はパワーを振りコーダでは流石NYPの迫力を見せます。
(今回のコンサートも弦のボウイング付けはNYP/Gilbertを使っているとの事)
・・・・・
微細微妙なアゴーギクはあるものの、演奏精度の高い生真面目正統派なマラ5です。
その2年前の北ドイツ放送交響楽団(NDR Sinfonieorchester)との5番はYouTubeに細切れUPされています。





テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kokotonPAPA

Author:kokotonPAPA


ものずき、おっさん じいさん、わがままきまま、すきほうだい、しななきゃなおらない.

 kokotonPAPAのブログ  ホームページtop  メールtop



1.このblogで言う現代音楽
2.マーラー交響曲第5番 160CD
 (名盤・珍盤 聴き比べ)

カテゴリ
個人的お奨め度*
★   こんなもん?
★★  悪くないね
★★★ 最高です!
☆   +0.5
お友達ブログ
kokotonPAPAカウンター
unique-access