fc2ブログ

心に染みる ギャヴィン・ブライアーズ(Gavin Bryars) の名作『Jesus' Blood Never Failed Me Yet』

この曲を再インプレしようと思います。今の時代、心を癒すのに音楽が何かしらの役に立つとすればこれが選択肢の一つかと。


イエスの血は決して私を見捨てたことはない
(ギャヴィン・ブライアーズ, b. 1943)
ブライアーズと言えばこの『イエスの血は決して私を見捨てたことはない』、1971年に作者不明のホームレスの歌(元は讃美歌)を元に作られています。

1993年再録音の本アルバムはExective Producerがフィリップ・グラス、そしてトム・ウェイツ(Tom Waits)が参加したロングヴァージョンです。





gbtwjbnfmy.jpg
 amazon CD 

amazon music unlimited


  "Jesus' blood never failed me yet
  Never failed me yet
  Jesus' blood never failed me yet
  There's one thing I know
  For he love me so..."

  イエスの血は決して私を見捨てたことはない
  決して見捨てたことはない
  イエスの血は決して私を見捨てたことはない
  一つ知っていること
  私を愛してくださる...


この唄が延々と呟くように74'間歌われ、バックに弦楽四重奏、弦楽、フルオケ、と途切れ目なく展開していきます。
ホームレスの口ずさむ歌はテープによる反復(今で言うならサンプリングでループ処理ですね)、サウンドもアンビエントな変奏と反復、それがマッチして優しさに溢れます。ポストミニマルな環境音楽です。

曲名はそのまま「Tramp with Orchestra」(Trampは浮浪者、元大統領はTrumpさん、ご注意を) で、バックの演奏変化で4曲(string quartet, low strings, no strings, full strings)、最後の二曲が「Tramp and Tom Waits with full Orchestra」「Coda: Tom Waits with High Strings」になります。

ラスト二曲はトム・ウェイツが遠くから入りながらテープとのduoとなり、最後はコーダとある通り一人になって歩き去る様にフェードアウト終了します。トム・ウェイツを入れたのは賛否両論あるでしょうが、私はこの再録音盤が好きです。

ちなみに歌った老人は音源化される前に亡くなったそうです。R.I.P.

 ★YouTubeで聴いてみて下さい


心が沈んだ時など、この曲の素晴らしさが心を満たしてくれるでしょう。
こんなコメントはこのブログらしくありませんが、それしかコメントは浮かびません。






[PS] ブライアーズが編集テープをかけたまま、コーヒーを注ぎにいった際の出来事を以下の様に書いています。それがこの曲の全てを言い表しているでしょう。

I left the tape copying, with the door open, while I went to have a cup of coffee. When I came back I found the normally lively room unnaturally subdued. People were moving about much more slowly than usual and a few were sitting alone, quietly weeping.


テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽





コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kokoton

by kokoton

amazonのバナーが機能停止となり記事のCD画像が消えました😂
マーラー関連から随時画像挿入予定ですが時間を要するかと

 amazon 検索  


カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
ようこそ
カテゴリ
ありがとうございます