2016年6月29日 カンブルラン/読響 の マーラー交響曲第5番 at サントリーホール ★★☆

梅雨ですが、期待値の高いコンサートにはワクワクするものです。今日は個人的なコンサート・ターゲット曲でCD140枚の聴き比べをしているマーラーの5番ですね。というわけで六本木まで行ってきました。
 読響 カンブルラン サントリーホール

現在国内の常任指揮者では最も好きな現代音楽を得意とするシルヴァン・カンブルラン、管楽器が華やかな読響でマーラー5番、前半にリストのピアノ協奏曲第2番ですから当然人気でチケットは完売、満席近い入りでした。

リスト:ピアノ協奏曲第2番 イ長調
 6パート(adagio-allegro-allegro-allegro-marziole-allegro)ですが全体一楽章的で20'のライヴ向き、コンサート受けするヴィルトゥオーゾ曲でしょう。
前半、優美さとエネルギッシュな微妙な和声のpfが切れ味良く生きました。
中盤第3パート(allegro-moderato)の美しいオケから派手な第4パート(allegro-deciso)では、いずれも叙情性を感じる流れ。
そして再現部マルツィアーレの短い行進曲、最終部の圧倒的コーダからフィニッシュもまとまりがありました。

読響もpfの小菅優さんも全体として見事な演奏なのですが、望むならこの曲らしい強音パートでの多少暴れるくらいの演奏が聴きたかったです。

マーラー:交響曲第5番 嬰ハ短調
 カンブルランは必ず思いを入れてくると思っていました。マーラー7番では変化球ならぬ魔球を投げてきましたから。(笑)
ところが今回は正攻法のパワープレーで驚きました。
第一楽章、第一主題はスローで重厚な葬送行進曲に、風雲急を告げる様な展開の第二主題(第1トリオ)で迫力と重厚さのバランスの良さを、第二楽章では情熱と迫力を聴かせてくれました。この第二楽章が一番素晴しく象徴的でしたね。
第三楽章はスケルツォから出し入れの効いた展開で長さを感じさせず、スピード感あるラストも良かったですね。ホルンも良い音色を奏でました。
アダージェットはやや速めで、とろける様な甘美さは排しているのは展開にマッチ。
最終楽章はゆっくりと登り上がるのがやや中弛み的ではありましたが、コーダからラストのアッチェレランドまで見事なワクワクさ。切れ味良く決まりました。
もちろんブラボー大喝采でした。

まとまりには欠けたり、tpが⁇な事もあったり、何か一つ足りない様な感もありましたが、それを補う情熱と迫力のマーラー第5番を味わえたと思います。
オケのメンバーの様子はあまり満足さが感じられませんでしたが...

・・・・・
まとまりの前半、情熱力感の後半で楽しいコンサートでした。

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kokotonPAPA

Author:kokotonPAPA


ものずき、おっさん じいさん、わがままきまま、すきほうだい、しななきゃなおらない.

 kokotonPAPAのブログ  ホームページtop  メールtop



1.このblogで言う現代音楽
2.マーラー交響曲第5番 160CD
 (名盤・珍盤 聴き比べ)

カテゴリ
個人的お奨め度*
★   こんなもん?
★★  悪くないね
★★★ 最高です!
☆   +0.5
お友達ブログ
kokotonPAPAカウンター
unique-access