MacオーディオのDDC交換、hiFace ProからiFi micro iLink へ

先日Mac Mini (mid2011)のOSを Mountain Lion(OSX ver.8) から El Capitan(OSX ver.11) にしましたw
今更なんで?! 的でしょ。
でもブラウザが問題になっちゃいましたからねぇ。SafariはとっくにUpDateできずに認証サービスに手こずり、Chromeもここで10.8のフォローを終了。結局OSXの更新するしかなくなりました。

心配していた画像処理ソフト系は全く問題なく作動、その他ソフトもOK!! だったのでホッとしていました。(真のOS up dateの理由は、そちらの新機材対応なのですが…汗)

そうしたらMacオーディオのOut Put に使っているDDC、hiFace Professional が認識されません…
システムの"サウンド"でも、ユーティリティの"midi"でも検知していません。調べたらMountain Lionまででサポート終了とか、挙句には元となるm2techのHPではその後継機種も含めて、未だにEl Capitan未サポートときています。(hiFace はAurorasoundによるTuned Up品です。残念ながらAurorasoundも怪しげ)

そこで購入したのがこれ、iFi社のDDC iLinkです。
 iFi-micro-iLink.jpg iFi_micro_iLink-and-hiFace_professional.jpg
              (写真右の右側がhiFace proです)

PC・Macからのノイズ、ジッターを徹底低減している事が評価されているので選びました。またDACとの整合性を向上させるSuper Digital Outputも搭載されています。(まだ試していませんw)
Macで使う場合はdriverも不要で、Audirvana Plusを使ってflac音楽を出力するのも問題なく接続しただけで完了でした。
結果は、音質の向上がはっきり感じられた事ですね。音の透明感が増して分離能が上がっています。
(→ DAC:Soul Note dc1.0 → amp:Nmode X-PM2 → speaker:Dynaudio Focus220Mk2)

しかし問題発生、Mac本体からの音源出力ができません (システム音やYouTube等の音が出ません)。
「サウンド」設定で "内臓スピーカー" から "AMR USB Audio 2.0" を選んだだけでは音が出ませんでしたね。
対応としては「アプリケーション」-「ユーティリティ」-「Audio Midi 設定」からAMR USB Audio 2.0 の出力フォーマットを44.1kHzに変更する必要がありますね。そうすればOKです。そこだけがポイントでした。

 

DDCなんて大して変わらないだろうと思っていたので、音質向上は嬉しいオマケ!?でした。USBや同軸のケーブルをもっと短くする事もより効果UPが期待できそうですね。
少し聴き込んだら、Super Digital Outputも試してみましょう。



テーマ : オーディオ機器
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kokotonPAPA

Author:kokotonPAPA


ものずき、おっさん じいさん、わがままきまま、すきほうだい、しななきゃなおらない.

 kokotonPAPAのブログ  ホームページtop  メールtop



1.このblogで言う現代音楽
2.マーラー交響曲第5番 160CD
 (名盤・珍盤 聴き比べ)

カテゴリ
個人的お奨め度*
★   こんなもん?
★★  悪くないね
★★★ 最高です!
☆   +0.5
お友達ブログ
kokotonPAPAカウンター
unique-access