津軽蔵人 純米酒 を飲む

東京は桜も終わり春本番から初夏へ迎う時期になりましたね。

sake-tsugaru_kuraudo.jpg今回は桜で有名な弘前のカネタ玉田酒造さんの純米醸造酒を 同酒造の純米吟醸"斬"と飲み比べてみます。
純米醸造と純米吟醸、食中酒としてガッツリとお寿司で楽しんでみました。"斬"は今まで何回も登場しているので比較ブランクですね。


津軽蔵人 純米醸造
 青森県 弘前市 カネタ玉田酒造
 sake-tsugaru_kuraudo02.jpg
常温で飲むと、"斬"に比べて辛口でどっしり感があります。冷やすと重さはやや軽減されますが、基本はかわりませんね。料理よりも、ややお酒が勝つ感じでしょう。本質 酒好きのお酒ですね。

酒米は昔からの青森の二品種で、高精米はあまり出来ないタイプ。"斬"は花吹雪の改良米の華想いを高精米して吟醸としているので、その違いと良さがしっかり出ている感じです。それでも個人的には燗酒はもったいない感じがしますが…

SakeFrom-ShuhoKakuiNarutoyo.jpg酒舗カクイ成豊さんから送ってもらうと、この気遣いが嬉しいですね。丁寧に保護された上で、こんな感じでスペースにはリンゴが詰められていました。

地元の皆さんが食べる見た目B級のリンゴですが、歯ごたえ・味ともに美味しかったですね。^^v


テーマ : 日本酒
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kokotonPAPA

Author:kokotonPAPA


ものずき、おっさん じいさん、わがままきまま、すきほうだい、しななきゃなおらない.

 kokotonPAPAのブログ  ホームページtop  メールtop



1.このblogで言う現代音楽
2.マーラー交響曲第5番 160CD
 (名盤・珍盤 聴き比べ)

カテゴリ
個人的お奨め度*
★   こんなもん?
★★  悪くないね
★★★ 最高です!
☆   +0.5
お友達ブログ
kokotonPAPAカウンター
unique-access