ラフロイグ Laphroaig の QA Cask を飲む

2013年から免税店向けとして発売されているラフロイグ、QA(Quercus Alba, クエルカス アルバ)カスクですね。
名前のQA(Quercus Alba)はアメリカンホワイトオークの学名(ラテン語)で、バーボン・バレルで熟成後に transfer to new(charred*) American white oak casks とありますから、新樽にて再熟成している様です。チャーしたての新樽なので短期熟成、その風合いが他のラフロイグとの違いと言う事でしょうか。バーボン・バレルももちろんホワイトオークです。
*英オフィシャルサイトではnewではなくチャーとなっているので、火で焼かれたばかりの新樽と言う事でしょう。(蒸留所見学なんかで、焼き直しのリチャーの様子を見られますね)
ラフロイグ QAカスク ラフロイグ QAカスク ケース

比較は現在一番ラフロイグらしい味?!のクォーターカスクです。通常のバーボン樽で熟成させた後、ファーストフィルのバーボン樽から作った小サイズのクオーターカスクで再熟成されていますね。

一言で言うと、熟成不足でアルコールが立っている気がしますね。クオーターカスクはラフロイグ本流の あの香りが味わえて、フィニッシュで鼻に抜ける強烈なラフロイグの嬉しさがありますね。QAカスクは、軽めでアルコールの刺激を感じます。
アロマティックさでも、今ひとつでしょう。本来なら、チャーしたての新樽だからこその甘い香りのバニリン(バニラテイストの元)を期待したのですが…ちょっと残念な結果でした。

まぁ素人ですから、暫く置いてからもう一度味わってみましょうね。^^


テーマ : お酒
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kokotonPAPA

Author:kokotonPAPA


ものずき、おっさん じいさん、わがままきまま、すきほうだい、しななきゃなおらない.

 kokotonPAPAのブログ  ホームページtop  メールtop



1.このblogで言う現代音楽
2.マーラー交響曲第5番 150CD
 (名盤・珍盤 聴き比べ)

カテゴリ
個人的お奨め度*
★   こんなもん?
★★  悪くないね
★★★ 最高です!
☆   +0.5
お友達ブログ
kokotonPAPAカウンター
unique-access